AIデータ分析 > 
IoT > 
故障予兆分析サービス
故障予兆分析サービス
故障予兆分析サービスのイメージ画像

故障の予兆を捉えてトラブルを回避、予防保全で稼働率の向上!

各種システムや装置の故障、トラブルのお悩みはありませんか

近年、製造業・建設業・運輸業・サービス業などさまざまな分野において、生産性向上・稼働率向上のため、設備・機器を止めないことが重要となっています。
例えば、製造業では生産設備の故障、建設業では建設機械の故障、運輸業では運行管理システムなどの故障が大変な損害につながります。
保全要員の増加にはコストがかかり、また、高齢化による人手不足が深刻な状況です。

故障を未然に防ぐために

「故障が起きたらすぐに発見でき、さらに故障を予測して未然に防止することはできないだろうか。」近年、これらの課題を解決するために、データ分析が注目されています。装置ログなどを分析することで、故障の早期発見や故障予測ができる可能性があります。

サービス内容

高い分析力を持ったデータサイエンティストで構成される分析チームが、皆様のお悩みをお伺いし、問題を分析、解決手段に通じるアウトプットをご提供いたします。

お客様のご要望を伺い、目的に応じたデータ分析を行います。さらに現状を把握、異常状態や変化点を発見します。
また、センサーなどの設備導入をご検討のお客様には、ご利用のシステムに適したセンサーやシステム、取得ログなどをご提案いたします。

適用例 / 導入事例

【事例】製造業向け 部材調達、工事実施の効率化

AI、機械学習、ディープラーニングなどにより、過去データからシステムや装置の様々な状態を学習することで、異常の判定や異常予兆の検知を行います。発見した異常の原因や影響を判定し、対処につなげることも可能です。

  • (例)設置した部品に取り付けたセンサー等の情報、部品等情報と故障・障害履歴より、部品の交換時期を予測します。

予測モデルを構築することにより部品交換計画を策定できます。

各種の実績があります。

  • 通信機器等のログ分析による故障予兆検知
  • 設備・機械の稼働状況のセンサーモニタリングによる異常検知
  • センサーデータ解析による水道管の漏水検知
  • 空調センサーデータ解析による電力使用量コントロールの最適化
  • 大型製造機器の予防保全、品質向上への取り組み

上記の分析例以外にも、ビッグデータを用いた各種需要予測/マーケティング分析/電力分析/アンケート分析/装置ログ分析/入札推定など、幅広い分野において多数の実績があります。 まずはお気軽にご相談ください。

NTT研究所のディープラーニングに基づく異常検知技術を核とした異常検知ソリューション「@DeAnoS」

NTT-ATは、NTTネットワーク基盤技術研究所が開発した「ディープラーニングに基づく、異常検知・要因推定を実現するソリューションDeAnoS®(Deep Anomaly Surveillance;ディアノス)」を商品化し、「@DeAnoS」(アットディアノス)として2020年秋に販売を開始します。
閾値ルールなどの保守者の経験や、設計に基づく従来の異常検知⽅式では対応の難しかった「異常の判断」や「異常の要因推定」、「潜在的な未知の障害の発⾒」を深層学習(ディープラーニング)により解決へ導きます。プレスリリースはこちら

AWARD2020 ファイナリスト LOGO
 
バーチャル Interop Tokyo 2020(2020年4月13日~6月30日)
Best of Show Award AI部門のファイナリストに、本ソリューションが選ばれました。

Interop Tokyo 2020のファイナリスト一覧はこちら
NTT-ATの展示会の詳細は、こちら
 ぜひお問い合わせにてご相談ください。
※「DeAnoS®」はNTTグループのAI「corevo®」を構成する技術です。「DeAnoS®」、「corevo®」は日本電信電話株式会社の商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)
ディープラーニングによる異常検知AIソリューション パンフレット 1.6MB


IoT導入をお考えの方は

工場・作業現場、社会インフラ監視やメータリングなどを中心とした多くの導入実績がございます。こちらのIoTソリューションのページもご覧ください。

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア