お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速する DX支援ソリューション
お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速する DX支援ソリューション
お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速する DX支援ソリューションのイメージ画像

『2025年の崖』(SAP 2027年問題)や『withコロナ、アフターコロナ時代の働き方改革』も加わり、さらに時代に即した対応を迫られる企業のDXを、効率的に支援します。

変化の激しいこの時代、素早い経営判断を下すためには常に最新のシステムを利用することが重要です。その意味でクラウドシステムの採用は必然と言っても過言ではないでしょう。
『2025年の崖』(SAP 2027年問題)や『withコロナ、アフターコロナ時代の働き方改革』も加わり、今後さらに時代に即した迅速な対応を迫られていく企業のDXに対し、デジタルトランスフォーメーション(DX)支援ソリューションでは、自らが試行錯誤したDXの取り組みをモデルケースにノウハウや秘訣を惜しみなく提供し、お客様のDX推進を効率的に支援します。

DXのパートナーに、NTT-ATが選ばれる理由

DX推進は、実際に進めてみて判明する壁や落とし穴が存在します。「自らのDX」を進めているNTT-ATでは、それらの課題を経験した上で、回避や解決のノウハウを実績として蓄積し、お客様にDX支援ソリューションとして提供しています。
DX推進の選択肢は多岐に渡ります。NTT-ATでは全社的なDX推進により、部署間を横断した多方面における最先端の知見を有しているため、お客様のニーズに応じて、最新の知見を適切に提案することが可能です。
DX推進には、クラウド移行が欠かせません。NTT-ATでは続々とクラウドサービスを導入し、基幹システムと連携。テレワークを基本勤務形態とすることも可能な「withコロナ」時代のクラウド連携のノウハウを提供します。

DX支援ソリューション

情シス・IT部門にも、現場ユーザーにもフレンドリーなDXの実現をサポートします。

NTT-ATにおけるDX推進事例「自らのDX」と、協業の展開

NTT-ATでは、クラウド型の基幹システムであるSAP S/4 HANA Cloud essentials edition(旧 Multi tenant edition (MTE))」を導入後、各種クラウドサービスを連携し、常に最新のシステムを利用することで迅速な経営判断に活用するとともに、テレワーク前提での業務効率化を推進しています。また、その中で得られた知見を「DX支援ソリューション」として提供するだけでなく、DX推進の基盤となるサービスを協業展開して、お客様のDXを支援する体制を構築しています。

※協業を展開しているサービスは、下記「製品ページ」にて詳細をご覧いただけます


 
 


 

  ※掲載記事は外部サイトへリンクしている場合もあります

パートナー認定

Nutanix Elevateテクノロジーアライアンスパートナープログラム 「Nutanix Ready AHV」

トピックス

       

  『RPA開発実⾏基盤にHCI︖メーカー⾃⾝も盲点だったERP刷新時の「秘策」とは』 |「日経クロステック」にて掲載|

  『【事例】「基幹システム移行』でハマった落とし穴、“救世主”となったITインフラとは?」  |「ビジネス+IT」にて掲載|

  RPAの最適利用を実現!NTT-ATのNuatnix導入事例 |東京エレクトロン デバイス株式会社サイトにて掲載|



2021/10/12 HP更新 『DX支援ソリューション 「資産管理Express for SAP S/4HANA Cloud ~Powered by Convi.BASE~」』ページを公開しました

2021/10/12 ニュースリリース

2021/09/29 HP更新

→ 更新履歴はこちら

ぜひ、DX支援ソリューションを活用ください

DX推進について、お困りごとはございませんか?『2025年の崖』(SAP 2027年問題)への対応、迅速なDX、ERPのクラウド化など、NTT-ATは自らが試行錯誤し獲得したDXノウハウをベースに、 DX推進を効率的に支援します。


資料請求・お問い合わせ

「WinActor®」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

 
 
Twitterでシェア Facebookでシェア