お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速する DX支援ソリューション > DX支援ソリューション 導入事例 「楽楽明細(WEB請求書発行システム)の自社導入」
DX支援ソリューション 導入事例 「楽楽明細(WEB請求書発行システム)の自社導入」
DX支援ソリューション 導入事例 「楽楽明細(WEB請求書発行システム)の自社導入」のイメージ画像

毎月多大なる負荷がかかっていた請求業務(繁忙期で約4000件/月対応)をDXで効率化し、年間2000万円超のコストダウンに成功!
NTT-ATにおけるWEB請求書発行システム「楽楽明細」導入事例を紹介します

NTT-ATのDX推進「自らのDX」 

ポイント1稼働率アップ、費用削減により
年間2000万円超のコストダウンに成功!

「楽楽明細」へ移行したことで、紙代・印刷代・郵送代などが不要になりました。また、ペーパーレス化によって、それまで人海戦術で毎月こなしていたアナログ作業も不要となり、結果として年間2000万円超のコストダウンにつながりました。
 

ポイント2RPAツール「WinActor」による自動連携で
ヒューマンエラーも回避!

基幹システムSAP S/4 HANA Cloudの請求データをRPAツールのWinActorを活用して楽楽明細に自動アップロード。クロスチェックなどの稼働を不要とするとともに、作業時に発生していたヒューマンエラーを回避することができました。
 

ポイント3ペーパーレス化により地球環境にも配慮!
持続可能な社会の実現に向け貢献

年間2万件も発行していた請求書をペーパーレス化することにより、大幅な紙の削減や郵送に伴い消費されるエネルギーの削減に成功。従業員だけでなく地球にもやさしい請求業務へのシフトに成功しました。

「自らのDX」で得られた知見を、お客様へ! ~DX支援ソリューション(楽楽明細)~ 

NTT-ATは、WEB請求書発行システム「楽楽明細」と基幹システムを連携して請求業務の効率化を実現するだけでなく、お客様のさらなるDX推進を目的として、自社導入により得られた知見から生まれた各種ソリューションを提供しています。

DX支援ソリューションラインナップ

すでに『2025年の崖』(SAP 2027年問題)への対応を終えたNTT-ATより、クラウドサービス活用、書類電子化、社内外システム間連携、テレワーク対応など、DX推進のノウハウをコンサルティング提供します。
WinActor開発元のNTT-ATが認定した高度なシナリオライターが、エンタープライズ用WinActorシナリオを提供します。現場フレンドリーだけでなく、情シスフレンドリーなWinActor利用を実現します。

「WinActor」×「楽楽明細」 サンプルシナリオ

「楽楽明細」提供元である株式会社ラクスと協業し、「WinActorシナリオセンタ」で開発した、WinActorのサンプルシナリオを公開しています。サンプルシナリオの自動化パターンは以下の2種類です。

  1. Webブラウザ上の楽楽明細画面の操作を自動化し、楽楽明細へ帳票データを登録
  2. 楽楽明細の Web API 連係機能を利用して帳票データを登録

帳票データが記載されたCSVファイルを基幹システムから読み込み・データを加工のうえ、「楽楽明細」に帳票データの登録を行います。人手を介さずに業務プロセスを完了できるため、内部統制の強化や帳票発行業務の更なる効率化を図ることができます。

※サンプルシナリオではNTT-ATで実際に使用しているシナリオから、「楽楽明細」へ自動で帳票データを登録する部分のみを抜粋してご提供しております。
 
「楽楽明細」の帳票データ登録サンプルシナリオ  
「楽楽明細」の帳票データ登録サンプルシナリオ  
※ボタンをクリックすると、WinActorサイトのサンプルシナリオ該当ページが開きます。

ぜひ、DX支援ソリューションをご活用ください

DX推進について、お困りごとはございませんか?『2025年の崖』(SAP 2027年問題)への対応、迅速なDX、ERPのクラウド化など、NTT-ATは自らが試行錯誤し獲得したDXノウハウをベースに、 DX推進を効率的に支援します。
 


掲載情報

  • 楽楽明細 公式サイト
ニュースリリース『NTT-ATがWEB請求書発行システム「楽楽明細」を利用開始、年間2,000万円超のコストダウンを見込む』が掲載されました。
→ 「楽楽明細 公式サイト」の該当ニュースはこちら(外部サイトへリンクします)



※「WinActor®」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

Twitterでシェア Facebookでシェア