DX支援ソリューション DX支援コンサルティング
DX支援ソリューション DX支援コンサルティングのイメージ画像

クラウドサービス活用、書類電子化、社内外システム間連携など、DX(デジタルトランスフォーメーション)による業務効率化の最新ノウハウを提供!「withコロナ」対応にも活用ください。

NTT-ATが提供する「DX支援コンサルティング」の特徴

ポイント1他社に先駆け、DXを推進!
DXの最前線ノウハウを常時アップデート

NTT-ATは、国内初となるSAP S/4HANA Cloud Multi tenant edition(MTE、現 essensials edition)本格導入を2018年に開始し半年間で完了。導入後はさらに、DXによる業務効率化を進めています。『2025年の崖』(SAP 2027年問題)への対応手法だけでなく、企業におけるDXの最新知見を提供します。

ポイント2「自らのDX」に基づく、豊富なノウハウ!
『落とし穴』も『回避方法』も実体験済み

NTT-ATの「DX支援コンサルティング」内容はすべて、実際にDX推進のためのサービス導入および合わせて行った業務改革・業務効率化の経験に基づいています。DXを推進する際に何が起こるのか、どのように回避すればいいのか、事前に何をしておくとよいのか、どんな順番でどうスケジュールを進めればいいのか…など、実体験に基づいたきめ細やかなコンサルティングを提供します。

ポイント3連携各社との協業多数!
お客様のニーズに合わせた、導入サービスも提供可能

NTT-ATでは、「自らのDX」を推進する際、導入するサービスも比較検討しているため、お客様のニーズに合った各サービスの提案が可能です。また、非常に有用なサービスについては協業も展開しており、導入サービスのスムーズな選定もサポートします。

業務効率化の悩みに、ぜひ「DX支援コンサルティング」を!

クラウドサービス活用
  1. 基幹システム導入のコツ
  2. SAP S/4HANA Cloud導入
  3. 業務プロセス改革手法
  4. 追加システム開発回避
  5. 効率的なデータ移行

「自らのDX」事例
脱・紙書類/脱・印鑑
  1. 書類電子化手順
  2. 電子署名の活用
  3. 契約業務の効率化
  4. 請求業務の効率化
  5. 在宅・テレワーク対応
社内外システム間連携
  1. 業務の全体最適化設計
  2. 個別業務のDX推進
  3. 追加システム開発の回避
  4. 短期間・ローコストな連携
  5. システム運用環境最適化

「自らのDX事例」
Convi.BASE導入


テレワーク推進
  1. 効率的なサーバー運用
  2. PCのシンクライアント化
  3. セキュアな環境整備
  4. オンラインデータ共有
  5. 勤怠・労務管理

「自らのDX事例」
NTT-ATのDX事例


DX推進で業務効率化に成功した企業事例(お客様の声)

 
 Case1.商社のお客様 

「サービスインに間に合わない!コストがかかりすぎる!」
システム間連携のお悩み


業務効率化を目指して、基幹システムと他のシステムとの連携を計画したのに、アドオンの開発が必要と分かり、サービスインの遅れ、導入コストの高額化、さらにはシステムが複雑化して、保守・メンテナンスの効率が悪化してしまうという課題に直面してしまいました。

『DX支援コンサルティング』を利用したところ、今まで考えもつかなかった連携手法が分かり、目から鱗でした。

サービスインもなんとか間に合い、導入コストも抑えられました。構成もシンプルなので、保守・メンテナンスのコストも抑えられると思います。さらには今後、システムの仕様変更にも柔軟に対応できるというのもうれしいですね。
 

 
 Case2.Slerのお客様 

「人為的ミスが怖い!サービスインに間に合わない!」
システムデータ移行のお悩み


新システムの移行において、膨大な既存データを手入力しなければならない状況に陥ってしまいました。人為的なミスも懸念されますし、何よりサービスインまでにデータ移行が間に合わない状況にありました。

『DX支援コンサルティング』を受けて、信じられない短期間で、しかもミスも一切なくデータ移行ができ、スケジュールの遅れを取り戻して予定通りにサービスインできました。

直面している課題の解決策が見つかったのはもちろんですが、今回のデータ移行の手法を用いてさらに効率化できる日常業務が多数あることが分かり驚きました。
 

 
 Case3.ICT企業のお客様 

「送り間違えが怖い!人海戦術のアナログ作業にうんざりしている!」
契約業務のお悩み


業務をアウトソーシングすればするほど増えていく契約業務の「紙+郵送/Fax」行程を何とかしたいと考えていました。契約書が増えるほどクロスチェックの負荷も増大し、業務担当者(部署)の稼働率だけでなくモチベーションまでが下がっていく状況でした。

『DX支援コンサルティング』で改善策を相談したところ、ハードルが高くて手出しできずにいた契約書の電子化を見事、実現できました。

契約業務の課題が改善できたのはもちろんですが、契約書を扱う必要のある社内各所から『人海戦術の単純アナログ作業がなくなって本当に楽になった』という喜びの声があがっています。今回導入した電子署名を活用し、請求書や決裁書の電子化も予定しています。
 

お問い合わせはこちら


DX推進について、お困りごとはございませんか?NTT-ATは自らが試行錯誤し獲得したDXノウハウをベースに、 DX推進を効率的に支援します。

『「withコロナ」を意識したDXをしたいけれど、どうしたらいいのか分からない』『「リモートワーク」を導入したい・運用比率をアップしたいけれど、どこから手を付けてよいか分からない…』そんなときにもぜひ、「DX支援コンサルティング」を活用ください。

全社的にリモートワークを基本勤務形態とし
て円滑に業務を実施しつつ、「withコロナ」時代の知見も蓄積しているNTT-ATのノウハウを提供します。
 


お問い合わせ先

 

DX支援関連ソリューション

  • WinActorシナリオセンタ
RPAツールWinActorのエンタープライズ向けシナリオを提供し、お客様のDX推進を強力に支援します
→ WinActorシナリオセンタページはこちら
  • WinActor
企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして日本で最も注目されている、純国産RPAツール
→ WinActorサイトはこちら
  • WinActor Cast on Call
導入時間や費用を抑え、すばやく業務自動化を実現するためのオンラインサービス
→ WinActor Cast on Callサイトはこちら
  • WinActor Manager on Cloud
複数のWinActorをクラウド上で集中管理するためのサービス
→ WinActor Manager on Cloudサイトはこちら
  • SAP S/4 HANA Cloud
SAP のインメモリーデータベース SAP HANA を基盤とする統合型インテリジェント ERP システム
→ 関連情報はこちら

※「WinActor®」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
※「楽楽明細」は、株式会社ラクスの登録商標です。
※記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア