BIG-IP > Office365専用 F5プロキシ設定自動化サービス
Office365専用 F5プロキシ設定自動化サービス

Microsoft Office 365導入によって引き起こされるネットワークの問題を解決します。
詳細な内容や費用につきましては弊社までお問合せください。

サービス概要

Office365の導入後にアプリケーションや社内ネットワークは遅くなっていませんか?
この問題にはさまざまな原因が考えられますが、最も懸念されるのがOffice365トラフィック発生によるプロキシサーバーのパフォーマンス不足が原因で、ネットワーク全体が遅くなってしまう現象です。NTT-ATの「Office365専用F5プロキシ設定自動化サービス」は、F5社BIG-IPを利用しOffice365の通信のみをバイパスさせることでネットワークの遅延を解決し、さらにネットワーク運用の煩雑さも解消します。

サービス詳細

なぜOffice365を使うとネットワークが遅くなるのか?

Office365使用中は常にトラフィックが流れているため、複数人がOfficeアプリケーションを立ち上げているとアプリケーション自体の動作が遅くなったり、通信負荷により社内ネットワーク全体に影響が出ることで他のオンラインサービスまで遅延するケースが増えています。 これは、多くの企業が採用するネットワーク形態(支社や支店、営業所から本社/データセンターまでをVPNで結び、プロキシサーバーを経由してインターネットに接続)は、使用するアプリケーションがオンプレミスのサーバーやPCで実行されることを前提にしているため、プロキシサーバーの能力(セッションテーブル数)が十分でないケースが主な要因であり、単純に回線増強などの対策を取っても改善効果が出にくいのが現状です。

Office365の特性に合わせ、BIG-IPが持つ“潜在能力”を最大点に活用

この課題の解決には社内ネットワークの再構築が理想的ですが、構成の見直しや機器の更改にはコストや時間、そしてネットワーク管理者に負担がかかるのは明白です。そこで本サービスでは最小のコストと時間、そして手間をかけずにこの課題を解決する手段として、BIG-IPの機能を活用します。
具体的には、BIG-IPが通信内容を判別し、Office365の通信のみプロキシサーバーをバイパスさせて直接、Office365と通信することによってプロキシサーバーの負荷を軽減します。この方式にはFQDNの更新情報の取得と登録を行う必要があるため、本サービスではマイクロソフト社から提供されるOffice365のURL、及びIPアドレスのリストをBIG-IP用のDataGroup形式に変換するiCallスクリプトを提供します。スクリプトによってBIG-IP本体が変換したリストファイルをクラウド上から自動で取得し、不定期に変更されるOffice365の更新を自動化できるため、ネットワークの遅延とネットワーク運用に関わる保守の煩雑さを同時に解消することが可能になります。

構成イメージ

f5office365service.jpg
Office365専用 F5プロキシ設定自動化サービス 構成イメージ

サービス提供内容

  • DataGroup形式のURL/IPリスト配信
  • BIG-IPに自動設定するためのスクリプトサンプルの提供
  • BIG-IPの導入/構築/プロキシのバイパス設定につきましては、別途ご相談ください。

PAGETOP

 

資料請求・お問い合わせ

 

Twitterでシェア Facebookでシェア