CS@T倶楽部®「トータルリスクマネジメントオプション」の提供を開始~経営層・コーポレート部門のセキュリティインシデント対応もサポート~
2021年06月01日

CS@T倶楽部®「トータルリスクマネジメントオプション」の提供を開始
~経営層・コーポレート部門のセキュリティインシデント対応もサポート~

NTTアドバンステクノロジ株式会社
 

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、危機管理専門会社との協業により、セキュリティ運用支援サービス「CS@T倶楽部」(シーサートクラブ)に新たなオプションサービスとして、企業の危機管理を幅広くサポートする「トータルリスクマネジメントオプション」を追加し、6月1日から提供を開始します。

新たなオプションサービスの提供により、セキュリティ担当者だけでなく、経営層・コーポレート部門のセキュリティインシデント対応も支援します。

1.提供開始の背景

ニュース等でも報じられているように、セキュリティインシデントは日々発生し、サプライチェーンを含め、企業に甚大な被害をもたらしています。

NTT-ATは、サイバー保険付きのセキュリティ運用支援サービス「CS@T倶楽部」を2018年8月から提供しており、相談受付や情報提供等により組織内のセキュリティ担当者を支援してまいりました。しかし、セキュリティインシデント発生の影響は、セキュリティ担当者にとどまらず、経営層やコーポレート部門にまでおよびます。そこで、危機管理専門会社との協業により、「CS@T倶楽部」のオプションサービスとして経営層やコーポレート部門にまで支援の範囲を拡大する「トータルリスクマネジメントオプション」を提供し、企業全体のセキュリティ運用を支援します。
 

2.「トータルリスクマネジメントオプション」について

「トータルリスクマネジメントオプション」では、経営層やコーポレート部門など、セキュリティ担当者の範囲外の対応も含め、企業危機管理を幅広くサポートします。

たとえば、
  • 経営陣による記者会見
  • 広報部門による報道発表等マスコミ対応、お客様対応窓口の設置
  • 法務部門・総務部門による法律相談や訴訟対応
などが本オプションのサポート範囲です。
 

【「トータルリスクマネジメントオプション」サービスメニュー例】

3. サービスの特長

  1. セキュリティインシデント発生時、従来のセキュリティ担当者への支援にとどまらず、経営層やコーポレート部門を含む企業全体を支援します。

  2. 「トータルリスクマネジメントオプション」のご利用で発生した提供メニューに関する費用が「CS@T倶楽部」に付帯のサイバー保険で補償されます。※1、※2

 

4.販売について

ご利用方法や価格などに関する詳細につきましては、下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

5.今後の展開

NTT-ATでは、「自らのDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進するともに、そこで培ったノウハウをベースにお客様のDX推進を支援しております。DX推進に伴う環境の変化、セキュリティリスクの変化を捉え、最適なセキュリティソリューションを提案し、「DX」と「セキュリティ」の両面からお客様のビジネスを支援してまいります。

展示会、イベント情報

  • 「第1回 Japan IT Week【オンライン】」(情報セキュリティEXPO)

開催日程:2021年6月16日(水)~2021年6月18日(金)

https://www.ntt-at.co.jp/eventseminar/event/2021/detail/e_20210616/

  • NTT-ATと危機管理専門会社の合同セミナー(オンライン開催)

開催日程:2021年6月29日(火)

※セミナーへの参加方法等の詳細につきましては、別途、公式サイトにてお知らせいたします。

「CS@T倶楽部」とは

(製品サイト:https://www.ntt-at.co.jp/product/csirt-club/
「CS@T倶楽部」は、①人員不足で体制が作れない、②セキュリティに関する専門知識がない、③予算不足で十分な対策が実施できないといった悩みを持つお客様に対し、専門家による相談や情報提供などを行うとともに、サイバー保険も付いているセキュリティ運用支援サービスです。

 

 

※1:一部、サイバー保険の補償対象外となるメニューがあります。
※2:サイバー保険による補償には引受保険会社による事前審査があり、審査結果によっては補償対象外となる場合があります。

 

※ CS@T倶楽部はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※ 本文中に記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標です。



 

 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア