DX関連ビジネスの拡大に向け、「WinActorシナリオセンタ」を新設~RPAツール「WinActor®」用高度シナリオ開発体制の整備により、 システム間連携など新たな活用領域の開拓を目指す~
2020年06月11日

DX関連ビジネスの拡大に向け、「WinActorシナリオセンタ」を新設
~RPAツール「WinActor®」用高度シナリオ開発体制の整備により、 システム間連携など新たな活用領域の開拓を目指す~

NTTアドバンステクノロジ株式会社
NTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社
株式会社アルファシステムズ
株式会社ジェイエスピー
ソーバル株式会社

 

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)、NTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:荒川賢一)は、今後さらに成長が見込まれるDX(デジタルトランスフォーメーション)関連ビジネスの強化・拡大に向け、2020年4月1日、「WinActorシナリオセンタ」を新設いたしました。

シナリオセンタ運営に際しては、株式会社アルファシステムズ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:黒田憲一)、株式会社ジェイエスピー(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:稲田彰典)、ソーバル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:推津 敦)がシナリオセンタパートナーズとして参画し、連携しながら推進してまいります。

これにより、NTT-ATが実践した『自らのDX』の知見を活かし、システム間連携用、システム移行用、「WinActor® Cast on Call 」(クラウド型RPAサービス)用などに、高度かつ質の高いエンタープライズ向けシナリオの開発・提供が可能となり、お客様のDX推進を支援いたします。

「WinActorシナリオセンタ」新設の背景・目的

NTT-ATは、すでに『自らのDX』として「WinActor」を活用した基幹システムのクラウド化(SAP S/4 HANA® Cloud Multi-tenant-edition)を完了*1し、自社内で運用を開始しました。また、WEB請求書発行システム「楽楽明細」*2や、物品管理クラウドサービス「Convi.BASE®*3と基幹システムを「WinActor」により連携し、請求書発行業務や資産管理業務の効率化を実現しました。WinActorシナリオの動作環境にはNutanixのHCI製品「NXシリーズ」と「WinActor® Manager on Cloud」で集中管理する仕組みを構築*4し、エンタープライズ環境における「WinActor」の有効活用を証明するとともに、複数シナリオ管理の効率化・省スペース化を図るなど、DXの先進事例を実践してまいりました。

今回、こうした『自らのDX』の知見をさらに活かし、DX支援ソリューションビジネスの強化・拡大に向け、協力各社とともに、お客様へ高度なWinActorシナリオを提供する「WinActorシナリオセンタ」を新設いたしました。

「WinActorシナリオセンタ」の主な取り組み

「WinActorシナリオセンタ」は、NTT-ATとNTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社、また趣旨に賛同した、シナリオセンタパートナーズ(株式会社アルファシステムズ、株式会社ジェイエスピー、ソーバル株式会社)と連携して運用を開始いたしました。

同センタは、NTT-ATが定めた一定以上の高度シナリオ開発スキルを有する技術者で構成されており、システム間連携用、システム移行用、「WinActor Cast on Call」用シナリオなど、高度かつ質の高いエンタープライズ向けシナリオを開発・提供いたします。
 

 

「WinActor」は、『現場フレンドリー』の思想のもと、誰もが使える、使いこなせる、使い易いRPAを追求しており、現在、WinActor代理店を中心にさまざまな取り組みを展開中です。

上記に加え、「WinActorシナリオセンタ」から提供される高度シナリオにより、『情報システム(IT)部門フレンドリー』にもなる「WinActor」の活用により、さらなるお客様のDX推進を支援してまいります。

今後、高度なシナリオを提供していく「WinActorシナリオセンタ」に、ぜひご期待ください。

*1 NTTアドバンステクノロジ、「SAP S/4 HANA® Cloud」導入による基幹システムのクラウド化を6か月で完了
https://www.ntt-at.co.jp/news/2019/detail/release190730.html

*2 NTT-AT、ラクスのWEB請求書発行システム「楽楽明細」を導入
https://www.ntt-at.co.jp/news/2019/detail/release191127.html

*3 NTT-AT、ネットレックスの物品管理クラウドサービス「Convi.BASE®」を導入
https://www.ntt-at.co.jp/news/2020/detail/release200218.html

*4 NTT-AT、Nutanix Enterprise Cloud OS搭載「NXシリーズ」の導入によりRPA管理を効率化
https://www.ntt-at.co.jp/news/2020/detail/release200326.html

「WinActorシナリオセンタ」 パートナー企業一覧(2020年4月1日現在)

  • NTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社アルファシステムズ
  • 株式会社ジェイエスピー
  • ソーバル株式会社
※今後順次拡大予定

「WinActorシナリオセンタ」 紹介ページ

「WinActorシナリオセンタ」に関する詳細情報につきましては、以下のサイトでご紹介しております。
https://www.ntt-at.co.jp/product/dx-sol/scenario-center/

「WinActor」の概要 【製品サイト:https://winactor.biz/

「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAです。Windows®アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまな操作を“シナリオ”として記録し、自動化します。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能です。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業の効率・品質・コストの大幅な改善につなげることができます。

「WinActor」は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして日本で最も注目されているRPAのひとつです。日本企業の業務にマッチした純国産RPAとして、金融業から物流・小売業と幅広い分野の5,000社を超える企業に導入され、大企業のほか中堅・中小企業や全国の自治体にも利用者が増え続けています。

「WinActor Cast on Call」の概要 【製品サイト:https://castoncall.winactor.biz/

「WinActor Cast on Call」は、あらかじめクラウド上に登録された既製シナリオを使うだけで業務自動化が実現できる、「WinActor」のクラウドサービスです。

お客様はシナリオ開発の手間と導入費用をかけることなく、“定期代チェック”、“PDFファイルの一括作成”などの汎用的なシナリオ群、またはNTT-ATのパートナー企業が作成した特定業務向けのシナリオ等、自分の業務にマッチしたシナリオを選んで実行できます。また、シナリオ利用回数に応じた料金設定(従量課金制)のため、予算に応じて柔軟に運用することができます。

「WinActor Cast on Call」は、既製シナリオ提供プラットフォームを通じて、お客様の高効率・低コストの業務自動化実現はもとより、パートナー企業の新たなビジネス展開にも貢献していきます。

【NTTアドバンステクノロジ株式会社 会社概要】  https://www.ntt-at.co.jp/

NTTアドバンステクノロジは、1976 年の創立以来、NTTグループの技術的中核企業として、NTT 研究所のネットワーク技術、メディア処理技術、日本語処理技術、環境技術、光デバイス、ナノデバイス技術などの多彩な先端技術のみならず、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合してお客様の課題を解決し、お客様にとっての価値を提供し続けています。

名称  : NTTアドバンステクノロジ株式会社
所在地 : 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー
設立    : 1976年12月17日
資本金 : 50億円
代表者 : 代表取締役社長 木村 丈治
事業内容: トータルソリューション事業、セキュリティ事業、クラウド・IoT事業、AI✕ロボティクス事業、グローバル事業、知的財産事業

【NTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社 会社概要】 http://www.ntt-atc.co.jp/

NTT-ATテクノコミュニケーションズは、設立以来約20年に渡り、NTT-ATグループの一員として通信系ソフトウェア開発等の技術力を高めてきました。NTT研究所、NTT東日本、NTT西日本を主としてさまざまなお客様に、ご要望に応じたソフトウェア開発やシステム・ネットワーク構築、運用保守サービスなどを提供し続けています。

名称  : NTT-ATテクノコミュニケーションズ株式会社
所在地 : 茨城県水戸市城南2-1-20 井門水戸ビル4F
設立    : 2000年10月2日
資本金 : 1億円
代表者 : 代表取締役社長 荒川 賢一
事業内容: 通信系オペレーションシステム開発・運用・保守、IPネットワーク構築・運用・保守、プロダクト・サービス提供、ラピッドプロトタイピング及び研究開発SE支援

【株式会社アルファシステムズ 会社概要】 http://www.alpha.co.jp/

アルファシステムズは、通信事業者向けネットワークシステムを主力に、組み込みデバイスからECサイト向けの業務システムまで、幅広い分野のソフトウェアシステム開発を行っています。

人工知能、IoT、ビッグデータといった先端技術が社会に革新的な変化をもたらすDXが急速に進行する中、アルファシステムズはデジタル技術への対応を通じて、DXの恩恵をお客様と享受し、社会に貢献してまいります。

名称  : 株式会社アルファシステムズ
所在地 : 神奈川県川崎市中原区上小田中6丁目6番1号
設立    : 1972年10月11日
資本金 : 85億55万円
代表者 : 代表取締役社長 黒田 憲一
事業内容: ソフトウェアの受託開発、製品販売・システムソリューション、自社製品開発・研究

【株式会社ジェイエスピー 会社概要】 https://www.jspnet.co.jp/

ジェイエスピーは、多彩な分野でシステム開発を行っています。中でもRPAやIoTには草創期から取り組み、その知見を活かしてセンサーネットワークプラットフォーム、見守りシステムなどのソリューションを提供しています。

昨日までの日常と先端技術を柔軟に融合し、お客様と社会に心躍る未来を届けます。

名称  : 株式会社ジェイエスピー
所在地 : 神奈川県横浜市西区高島2-6-32 横浜東口ウィスポートビル
設立    : 1980年1月25日
資本金 : 3,000万円
代表者 : 代表取締役社長 稲田 彰典
事業内容: エンジニアリングサービス、システムソリューション、Industry-IoTソリューション、プロダクトサービス

【ソーバル株式会社 会社概要】 https://www.sobal.co.jp/

ソーバルは、1983年に創業された独立系システム開発企業です。コンシューマ向けの製品開発を中心に、幅広い製品分野に対して、技術の提供を行っております。また、WEB・クラウド開発、品質評価、マニュアル制作など多岐に渡るソリューションを展開しております。さらに、近年では自動運転分野やAI(人工知能)を活用した開発など最先端分野にも積極的に参入しております。

名称  : ソーバル株式会社
所在地 : 東京都品川区北品川5-9-11 大崎MTビル
設立   : 1983年1月
資本金 : 2億1,400万円
代表者 : 代表取締役社長 推津 敦
事業内容: エンジニアリング事業(組込み開発、アプリケーション開発、WEB・クラウド開発、品質評価、マニュアル制作、IoTソリューション)


 
※「WinActor」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
 
 
 

 


 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア