NTT-ATとAI inside がRPAツール「WinActor®」とエッジコンピュータ「AI inside Cube」の連携を開始~ワクチン接種関連業務の自動化・効率化を実現~
2021年04月16日

NTT-ATとAI inside がRPAツール「WinActor®」とエッジコンピュータ「AI inside Cube」の連携を開始
~ワクチン接種関連業務の自動化・効率化を実現~

NTTアドバンステクノロジ株式会社
AI inside 株式会社
 

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)とAI inside 株式会社(以下:AI inside、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡久地択)は、NTT-ATが開発・提供中の「WinActor」とAI inside が提供する「AI inside Cube」の連携を開始しました。これにより、AI inside が提供する「ワクチン接種管理業務ソリューション」においても「WinActor」による自動化・効率化が実現できました。

ワクチン接種が本格的に開始された日本国内において、ワクチン接種関連業務の自動化・効率化を図ることで、医療関係者様など本業務に関係するお客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援してまいります。

背景と狙い

NTT-ATとAI inside は、NTT-ATのRPAツール「WinActor」とAI inside のAI-OCR「DX Suite」との組み合わせによる企業のDX推進*1に向け、NTT-ATが「DX Suite」について、またAI inside が「WinActor」について、お互いの製品に関するTechnology Partner契約を締結し、連携強化を図ってまいりました*2*3

概要

今回、両社のさらなる連携強化として、クラウドサービスの「DX Suite」に加え、オンプレミス版の「AI inside Cube」と「WinActor」の連携も実現しました。NTT-ATは、AI insideの「ワクチン接種管理業務ソリューション」に対応した高度化シナリオをWinActorシナリオセンタ*4で開発しました。ワクチン接種時に使用する予診票から、ワクチン接種に必要な情報を読込・データ化して帳票等の入力・登録までの一連の業務を自動化することで、ワクチン接種関連業務の効率化が図れました。

本ソリューション提供により、各自治体を支援するバックエンド業者様や医療関連業者様を支援するとともに、お客様のさらなるDX推進に向け協業を進めてまいります。

 

*1 NTT-ATとAI inside が企業のDX推進に向け連携強化 
https://www.ntt-at.co.jp/news/2020/detail/release200213.html

*2 AI-OCR「DX Suite」 Technology Partner
https://dx-suite.com/partner/

*3 WinActor テクノロジーパートナー一覧
https://winactor.biz/tech_partners/tech_partners_list/

*4 WinActorシナリオセンタを新設
https://www.ntt-at.co.jp/news/2020/detail/release200611.html

▼連携イメージ

今後の展開

NTT-ATはDX推進をご検討のお客様に対し、現状の課題等を伺い、DXや業務効率化に向けたIT投資のアドバイスなどのコンサルティングを提供しています。またコンサルティング結果を元に、より付加価値の高い具体的なソリューションの提供も可能です。

今後も「DX Suite」ならびに「AI inside Cube」と「WinActor」の連携対象を拡大し、AI-OCRを活用した業務の自動化・効率化を図るソリューション・サービス等を提供することにより、お客様のDX推進に貢献してまいります。

WinActorの概要 

【製品サイト:https://winactor.biz/

「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAです。Windows®アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまなPC操作を「シナリオ」として記録し、自動化します。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能です。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や複数システムにまたがるデータの投入を自動化し大幅な効率・品質・コストの改善につなげることができます。  

「WinActor」は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目され、日本企業の業務にマッチしたRPAとして、金融業から物流・小売業まで幅広い分野の6,000社を超える企業に導入いただいています。大企業のほか中堅・中小企業や全国の自治体にも利用者が増え続けています。

AI inside Cubeの概要  

【製品サイト:https://inside.ai/ai-inside-cube-series/

「AI inside Cube」はデジタル化の促進とプライバシーの保護を実現するエッジコンピュータです。パワフルなCPU/GPUを搭載し、「DX Suite」をインストールすることで、オンプレミス環境でのAI活用ができます。スピーディーな導入とシンプルな操作性、セキュアな環境を実現しました。
 

【NTT-AT 会社概要】  https://www.ntt-at.co.jp/

NTT-ATは、1976 年の創立以来、NTT グループの技術的中核企業として、NTT 研究所のネットワーク技術、メディア処理技術、日本語処理技術、環境技術、光デバイス、ナノデバイス技術などの多彩な先端技術のみならず、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合してお客様の課題を解決し、お客様にとっての価値を提供し続けています。

名称  : NTT アドバンステクノロジ株式会社
所在地 : 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー
設立   : 1976年12月17日
資本金 : 50億円
代表者 : 代表取締役社長 木村丈治
事業内容: トータルソリューション事業、セキュリティ事業、クラウド・IoT事業、AI✕ロボティクス事業、グローバル事業、知的財産事業

【AI inside 会社概要】  https://inside.ai/

「世の中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、AIが社会の隅々まで拡がった社会の実現を目指します。当社は、AIを動かすためのハードウェア「AI inside Cube」、AIを作るためのソフトウェア「Learning Center」、AIを使うためのソフトウェア「DX Suite」を提供しています。

名称  : AI inside 株式会社
所在地 : 東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階
設立   : 2015年8月3日
資本金 : 11億73百万円
代表者 : 代表取締役社長CEO 渡久地択
事業内容: 人工知能および関連する情報サービスの開発・提供

 

※「WinActor」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


 
 

 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア