Interop Tokyo 2018
国内

Interop Tokyo 2018

Booth# 東陽テクニカ社ブース

来る2018年6月13日(水)~6月15日(金)、幕張メッセにて開催される「Interop Tokyo 2018」に出展いたします。
弊社では、東陽テクニカ社ブースにて下記の商品をご紹介いたします。ご来場、お待ちしております。

開催概要

開催期間 2018年6月13日(水)~6月15日(金)
開催地 幕張メッセ
主催 ナノオプトメディア
公式サイト https://www.interop.jp/
入場料 5,000円(事前登録により無料)

出展概要

  • Arbor APS SOC サービス
    お客様のArbor APSをICT-24SOCが監視しインシデントの早期発見をサポートいたします。

    ここ10年間で、DDoS攻撃は、規模や回数の増大や多様化が進み多くの企業・組織がDDoSの被害を受けています。NTT-ATが提供するArbor DDoS製品は、ボリューム型およびアプリケーション層DDoS攻撃に対応した高度な多層型防衛により、お客様のネットワークを強固にお守りいたします。
    また、そのDDoS攻撃を防御するために、NTT-ATはArborの機能を最大限に引き出す効果的な運用をご提供いたします。日頃のご利用に関するお問い合わせはもちろん、緊急時やトラブル発生時には、専門のサポート部隊が素早く対応いたします。

    「Arbor APS SOC」をおすすめする3つの理由

    ポイント1重要アラートのみお知らせが可能

    実監視方針の立案に基づき、運用中の不要なアラートを抑制し、重要性の高いインシデントを速やかに通知します。

    ポイント2 インシデント初動対応支援が可能

    24時間365日リアルタイムで監視し、最適なルール管理やインシデントの早期発見をサポートします。

    ポイント3 製品に精通した専門エンジニア

    長年に渡るネットワーク開発・検証および運用ノウハウで、お客様にとって最良のArbor運用ソリューションを提供いたします。


その他、Interop展示会場内セミナー

「BIG-IPで実現するOffice365ソリューションとオールインワンセキュリティ」
 

このイベントへのお問い合わせ先

 


Twitterでシェア Facebookでシェア