Spirent iTest
Spirent iTest

テストプロセス自動化ツール



Spirent_iTest101.png

概要

ネットワーク機器のテスト自動化はもちろんのこと、WebやJava Swingといったアプリケーションテストや各種ネットワークテスト機器も同時に制御することができます。
また、ユーザーによるテスト自動化対象のデバイスの操作をキャプチャし保存します。
マニュアル操作の履歴からテストシナリオを自動生成し、生成されたテストシナリオは自由に編集することができます。
合否判定や条件分岐など様々なアクションを記述することができます。

 

Spirent_iTest102.png

特長

  • オートキャプチャ/リプレイ機能により、操作を容易にシナリオ化    
  • 複雑な分岐や判定を可能にする高度なロジック機能    
  • どんなレスポンスでも任意箇所を抽出できる高精度レスポンスマッピング機能    
  • 再利用性の高い試験シナリオを作成可能にする強力な抽象化テクノロジ    
  • テストシナリオのプロシージャ化による試験項目選択・再構成の単純化    
  • 複数セッション同時実行(マルチスレッド)対応    
  • 使用頻度の高いコマンドの登録によるクイック呼び出し機能    
  • テストレポートは全ての実行コマンドとレスポンス、Pass/Fail判定を含みます    
  • 自動テストレポートによる試験結果の自動生成機能    
  • 以前のテストレポートとの差分比較機能    
  • ジョブ・スケジューリングによる定期/繰り返しテスト自動実行設定    
  • コマンドラインからのテスト自動実行    
  • レスポンスエミュレーション機能    
  • 再現性の確保がエンジニアの負担を軽減します    

Spirent_iTest009.PNG

最新Ver. 6.0 機能の紹介

  • ExportウィンドウからVelocityへitarファイルを直接発行
  • Toolchainインテグレーションによるコードレビューをサポート
  • 署名の作成・検証・整合性のチェックの性能向上 ※別途要ライセンス
  • パラメータにデータ型の設定機能を追加
  • HTMLレポートの刷新
  • Landslide WiFiインターフェースを追加
  • TestCenter REST sessionを追加
  • IxLoadセッションの強化
  • IxNetworkインスタンスのユーザ名の設定を追加
  • トラフィックジェネレータのアップデート
Spirent Equipment
Spirent TestCenter: 4.69 GA
Spirent Avalanche: 4.69 GA
Spirent Landslide: Certification for 15.2GA
Ixia Equipment
IxLoad: 8.10EA
IxNetwork: 8.10EA
IxOS: 8.10EA

主な仕様

本仕様はiTestVer6.0の仕様となります。

ハードウェアの構成

最小構成

Intel Pentium 2.10GHz or faster processor、4GBのフリーRAM領域、20GB以上のフリーディスクスペース
※シナリオの大きさや作り方に依存します。iTestで制御するアプリケーションやデータ保存が発生するシナリオなどに考慮が必要です。

推奨構成

Intel Pentium 2.90GHz or faster processor、8GBのフリーRAM領域、40GB以上のフリーディスクスペース

制御PC要件

Operating System 32-bit OS 64-bit OS
Windows 8.1
Windows 7
Windows Server 2012 R2 -
Windows Server 2008 R2 -
RedHat Enterprise Linux 5, 6.5
Ubuntu 12.04, 14.04

License Server要件

・iTestは、License Serverによるライセンス認証を行います。License Serverは、一つ以上のライセンスを保有し、iTestは使用時にライセンスをチェックアウトします。[シーン1]
・iTestとLicense Serverは、同一プラットフォーム上にもセットアップ可能です。[シーン2]
・License Serverとネットワークと切り離してiTestを使用したい場合は、License Serverからライセンスを任意期間借用できます。(Borrow License機能[シーン3]

Spirent_iTest103.png
Operating System 32-bit OS 64-bit OS
Windows 8.1 - ○※
Windows 7 -
Windows Server 2012 R2 - ○※
Windows Server 2008 R2 - ○※
RedHat Enterprise Linux 5, 6.5 ○※ ○※
Ubuntu 12.04, 14.04 -

※OS supported by Flexera for FLEXnet 11.12
License Server 32-bits版のご利用についてはご相談下さい。

製品ラインアップ

iTest EnterpriseとiTest Runtimeの2種類があります。

iTest Enterprise

テストケース作成、編集、合否判定、レポート出力機能を持ちます。リグレッション試験、複雑な試験を行うユーザ向け製品です。
以下は一例です。
Spirent_iTest007.png

標準で搭載されているセッションリスト オプションセッションリスト
Command Prompt
Database Client
File
HTTP
IBM RFT Launcher
Mail
Process


 
Script Library Support
Serial port
SSH
Syslog
Tcl Shell
Telnet
UDP
XMPP(Chat)
 
eggPlant
Flash(Flex)
HP ALM Integration
IBM RQM Integration
Java Swing
NetConf
OpenStack Netron
PowerShell
Spirent Avalanche
Spirent Landslide
Spirent TestCenter
Spirent SmartBits
Ranorex
SNMP
VMware vSphere Client
VNC Client
Web/Selenium
Web Service
 (SOAP&REST,XML-RPC)
Wireshark
Ixia IxN2X
Ixia IxNetwork
Ixia IxLoad
Ixia IxExplorer

iTest Runtime

iTest Enterpriseで作成したテストケースを実行します。テストケースの作成、編集はできません。
以下は一例です。
Spirent_iTest008.png

  iTest Enterprise iTest Runtime
テストケース 作成・編集 ×
テストケース 実行
結果レポート
製品位置づけ テストケースの
作成、編集、実行ができる
テストケースの実行はできるが、
作成・編集ができない
提供形態 パーペチュアルライセンス(永久使用権)
または
サブスクリプションライセンス(期間使用権)

テストイメージ

iTestから、テスト機器、試験対象機器(DUT)、テスターなどにコマンドを送信し、各種テストを実行後、対象機器から情報を収集する。

Spirent_iTest104.png

※ 本ページに記載されております製品、サービス名または固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

PAGETOP


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア