建設現場のICT化を実現 Nomad@Construction
建設現場のICT化を実現 Nomad@Construction

通信が届かないエリアの課題を解決し、建設現場で働くすべての人にICTを提供

建設現場では設計のデジタルデータやドローン、IoTの活用等さまざまな取り組みが進む一方で、通信が届かないエリアのICT化が課題となっています。
Nomad@Constructionは通信が届かないエリアの課題を解消する当社の「フレキシブルワイヤレスソリューション」をベースに建設現場へICTサービス・ソリューションを提供することで、現場のICT化を実現し建設業界の課題解決に貢献します。

建設現場イメージ(山の中の写真、トラック写真)

Nomad@Constructionの特徴


通信が届かないエリアの課題を解消する「フレキシブルワイヤレスソリューション」(自営無線ソリューション)をベースに、さまざまなサービス・ソリューションをパッケージングし、導入後の運用までワンストップで対応。
土木現場、建築現場での利用イメージ

サービス・ソリューションパッケージの提供内容

現場連絡体制の早期構築

広域の建設現場では、未整備で危険なエリアや移動に時間を要するケースが多く、現場管理において現場監督、作業員の間で効率的な連絡手段の確保が重要になります。
日ごとに変動する作業や体制、スマートフォン等の事前配布や特殊な設定が難しい状況に対して、誰でもすぐに利用可能な連絡手段を提供し、現場連絡体制の早期構築に寄与します。

  • 作業員各々のスマートフォン端末を内線電話化(外線通話も可能)し、連絡体制を早期に構築
  • 有事の際の一斉発呼や情報配信による避難誘導をアシスト

遠隔指示・確認、マニュアル確認作業の効率化による生産性向上

多くの建設現場では、現場監督と作業員の間での設計情報や施工状況の確認、また建設機器メーカーやベンダが提供する膨大なマニュアル確認が不可欠です。
リアルタイムで進捗する状況への即応、作業や現場ごとに異なる建設機器等の膨大なマニュアル確認が求められる状況に対して、事前に専用アプリ等を導入することなくすぐに利用開始可能なサービスで指示やマニュアル確認工程を大幅に短縮し、生産性向上に寄与します。

  • 設計情報や現場映像等を双方向同時にリアルタイムで共有し遠隔指示や確認を実現
  • マニュアル検索システムのAIエンジン機能により、膨大なマニュアルから欲しい情報をピックアップ

多様な人材の労働参加と働き方の柔軟性を促進

朝礼等による情報伝達は働く人の安全確保や施工の進捗管理等において非常に重要です。一方で、時短勤務等多様人材の参画に向けては、従来の集合形式に加え、場所や時間に捉われない伝達手段が必要になります。
リモートによる情報配信で多様人材の労働参加を促進し、現場移動時間の削減に寄与します。

  • 情報伝達のリモート化により多様人材の労働参加を促進
  • 作業内容に合わせて必要な人に必要な情報を適宜配信

工事進捗に対応できるICT運用

継続的なICTによる生産性向上や安全性確保の実現には、万が一のICT機器トラブル・故障への即応が重要です。
また、ICT機器のトラブルだけでなく、土木における盛土・切土、建築内装工事の間仕切り等、施工進捗に応じて起こる現場環境の変化や建設機器による通信の阻害等、あらゆる状況や変化に対して24時間365日でオペレータが遠隔でサポートし、ICTシステムによる価値を継続的に提供します。

  • 24時間365日で建設現場の自営無線環境をエキスパートが監視
  • 必要に応じてオペレータが電話応対し現場の運用負担を軽減

産業にICTで貢献する「Nomad@」

NTT-ATは、建設だけでなく産業における様々な課題に対して、場所や環境を意識することなく、いつでも・どこでもICTの活用を可能にすることでスマート化と生産性向上に貢献していくことを目指しています。

nomad-kentiku-image.jpg
nomad-koujyou-image.jpg
nomad-nogyo-image.jpg
nomad-gyogyou-image.jpg

この、Nomad@Constructionについて、今後サービス・ソリューションパッケージラインナップの拡充や情報発信をしていきます。
Nomad@Constructionの情報を受け取りたい方はこちらからお申込みください。

情報を受け取る


※「Nomad@」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社にて商標登録出願中です。
Twitterでシェア Facebookでシェア