スマートライフサービス(仮称)
スマートライフサービス(仮称)

HEMSや情報家電制御に応用可能なOSGiフレームワークとバンドル配信基盤、家電制御ミドルウェア

概要 / 特徴

概要

OSGi仕様に準拠したプラットフォーム「NFW」と、その環境で動作するOSGiバンドルと呼ばれるJavaアプリケーションを配信する基盤「OSAP」、そしてECHONET Lite対応の家電・センサ機器を扱うためのOSGiバンドル群である「ECHONET Lite対応ミドルウェア」を組み合わせて、スマートライフサービスを実現するHEMSや情報家電制御ソリューションを提供します。

特徴

NFW (NTT Framework)

  • NFWはOSGi Allianceで策定されたOSGi仕様に準拠したソフトウェアです。OSGiバンドルと呼ばれるJavaアプリケーションを動作させるフレームワーク及びログサービス等、OSGi標準のバンドルで構成されています。
  • ホームネットワーク上の機器制御や、ビル・工場で各種センサからの情報収集など、お客さまの実現したいサービスアプリケーションをOSGiバンドルとして実装すれば、NFWが持つOSGiフレームワークの機能によってそれらのバンドルを動的に追加、更新、削除することが可能になります。

OSAP (OSGi Service Aggregation Platform)

  • OSAPは、サービスゲートウェイ(SGW)と呼ばれるユーザ端末に対し、サービスアプリケーションをOSGiバンドルの形で配信し、ユーザにサービスを提供することができるプラットフォームです。
  • OSAPは、SGWに搭載されたOSGiフレームワークであるNFW上で動作するOSAPエージェントバンドルとOSAPセンターサーバで構成されます。
  • OSAPによって、サービスアプリケーションをSGWに配信することで、新たなサービスの追加、ユーザごとの利用サービスのカスタマイズ、バグへの早期対応が容易に可能となります。

ECHONET Lite対応ミドルウェア
  • ECHONET Lite対応ミドルウェアは、ECHONETコンソーシアムが策定しているECHONET Lite規格(Ver.1.10)に準拠したミドルウェアで、OSGiバンドルとして実装構成されています。
  • ホームネットワーク内のECHONET Lite対応機器の検出、収集、制御が可能になります。

資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア