ExpressFinder(エクスプレスファインダー) / シソーラス辞書
ExpressFinder(エクスプレスファインダー) / シソーラス辞書
ExpressFinder(エクスプレスファインダー) / シソーラス辞書のイメージ画像

企業名や言葉の表記ゆれを解決、専門分野の同義・類義語電子辞書を提供

辞書で発生する問題点とは?

企業名・所在地が様々な表記で登録された顧客情報を整頓したい

  • 会社合併や部内統合により複数の顧客管理情報の統合が必要だが、担当者がさまざまな表記をしているため、正しい登記名称と住所に変換したい
  • 顧客管理情報の表記の違いが原因で、機会損失が発生した

シソーラス辞書を使ってばらつきを解消!

検索システムの検索結果を改良したい

  • 検索システムを構築していて、表記揺れや検索ノイズ対策を行いたい
  • 単一の用語だけでなく関連する用語もヒットさせて検索結果を広げたい
  • 送り仮名、旧新字、数字、カタカナでの表記のちがいも対応させたい


シソーラス辞書を使うと検索結果が増大
 


そのほか、テキストマイニングなどのデータ分析でも活用可能です。関連ある単語の判定には”辞書”が大変重要で、分析の精度に直結します。

これらを対応するためには膨大な用語の情報収集が必要であり、コストがかかるばかりです。
NTT-ATがご提供する「ExpressFinder(エクスプレスファインダー)/シソーラス辞書」が上記のようなご要望の解決を支援します。

Thesaurus(シソーラス)とは

同じ意味で複数の表現がある用語を集めた同義語集です。
たとえば、「コンピュータ」、「電子計算機」、「電算機」、「電脳」のような同義語をとりまとめたものです。
古くはギリシャ時代より、「言葉の花かご」という名で同義語辞書は使用されてきました。現代でも、海外ではイギリスの「ロジェのシソーラス」やアメリカの「ウェブスター」、「アメリカンヘリテッジ」という辞書が19世紀から頻繁に利用されています。日本では、インターネットでの検索が広まり、その検索精度をあげたり、ひとつの表現に置き換えるために使われています。

NTT-ATの「ExpressFinder(エクスプレスファインダー)/シソーラス辞書」の特徴

幅広い分野に対応

基本語辞書をはじめ、分野別の専門用語シソーラス辞書を揃えております。一般文書でよく使われる用語は、「基本語・外来語編」、「企業名編」、「地名(市区町村新旧名)編」、「ことばの表記違い編」などのシリーズを提供しております。
さまざまな専門用語に対応しておりますので、以下に記載がない業界のお客様もお気軽にご相談ください。
 

ジャンル 語数
基本語 202,500語
ことばの表記違い/基本語・外来語 122,200語
企業名 628,000語
機関・団体・学校名 196,400語
市区町村新旧名 58,000語
経済・法令・公共用語 165,700語
時事・スポーツ用語 72,100語
科学技術用語 554,000語
医学・薬学用語 609,200語
合計 2,608,100語






標準搭載の「基本語」ジャンルでは次のような内容に対応しています。

  • 一般・日常語
  • 文化・芸術
  • 健康・医療
  • 年号
  • 食生活
  • 日用品関連
  • 娯楽・スポーツ・趣味
  • 情報・通信
  • ビジネス一般
  • 科学・技術
  • 環境
  • 地理関連

定期的メンテナンスで用語の毎年更新。時代につれて変遷する用語も収録

2018年度の基本語辞書搭載用語は20万語に上ります。
企業名は年4回の更新を行っており、大企業の社名変更にも迅速に対応します。

分野別搭載用語数(一部)

2018年度の基本語辞書は20万語に上ります。

採用出典を厳選した用語収集

熟練のシソーラス担当者が選定し、俗語は除いて用語を収容することで、専門性の高い知見が得られます。

まずは、お問い合わせください!

「ExpressFinder(エクスプレスファインダー)/シソーラス辞書」が、さらによくわかる詳細資料をお送りいたします。 
 

お問い合わせ

適用例 / 導入事例

NTTコミュニケーションズ株式会社提供の「Communication Engine “COTOHA® API”」の企業名及び業界用語対応専門語辞書として提供。

  • 2018年9月5日より提供開始された高精度な自然言語解析API「COTOHA® API」の企業名や業界用語に対応する専門用語辞書として利用されています。

顧客管理システムの名寄せ(大手総合メーカー様、国際的な信用調査会社様ほか)

  • お客様の課題:旧名、略称、愛称、通称、前株・後株などさまざまな表記でデータベースに顧客名が登録されており、全社的に取引先を共有することが困難だった。そのため、顧客データベースでの顧客名表示を常に最新名にしたい。
  • NTT-ATの回答:お客様の顧客データベースと、EF/シソーラス辞書の「企業名編及び団体編」を連動させ、社内システムで正式名称に名称置き換えて表示する辞書としてご利用いただいている。

図書蔵書検索システム(各種図書館システム販売会社様)

  • お客様課題:従来の検索システムでは、書誌項目を検索対象とすると表記揺れ等により検索結果にバラツキがでた。また、個人の検索慣れ度合いが検索結果に影響することも懸念された。
  • NTT-ATの回答:従来の検索システムとEF/シソーラス辞書(基本語)を連動させた。これにより個人の検索慣れ度合いに依存することなく、ほぼ同じような検索結果を得ることが出来るようなった。また、表記揺れ対策も同時にできることにより、図書館システムを売り込む際の差別化要素として使用されるようになった。

その他、各種の実績があります。

インターネット検索、ホームページ検索、各種DB検索(新聞情報、学術論文、特許情報、図書館情報、会議録、法令判例等)、情報分類システム及びメール検索システムに組み込まれています。

  • 社内管理システム:証券会社顧客管理、官公庁関連
  • 製薬会社検索システム:学術論文検索システム/MRのための医薬情報検索システム
  • 検索システム販売会社:利用先|総合研究所、就職紹介会社、書籍取扱い会社、総合電器メーカー特許検索など
  • 図書館検索システム:国立大学図書館、企業図書館、自治体図書館、私立大学図書館
  • 自治体向け検索システム:会議録検索、例規検索、公文書館検索、白書検索
  • その他:検索エンジン販売会社、文書管理システム販売会社、SI案件取扱い会社など

資料ダウンロード

ご紹介資料(概要編) 0.9MB
ご紹介資料(詳細説明編) 1.0MB
サンプルリスト 0.9MB

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア