NTT-AT、「水」を通した社会貢献活動を実施
2021年11月26日

NTT-AT、「水」を通した社会貢献活動を実施

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:木村丈治)は、ペットボトル容器の新しい可能性を考えるAQUA JACKET株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大内誉史)が展開する、人間にとって生きる上で欠かせない「水」を通して、誰もが当たり前に社会貢献できることをコンセプトにした「NOT JUSTA BOTTLE」の2つの社会貢献「Sharing Water(シェアリングウォーター)」と「Donation Water(ドネーションウォーター)」のうち、飲むだけで気軽に寄付ができる「Donation Water」を購入することで、社会に貢献することといたしました。

「Donation Water」は、多くの人にとってあまり馴染みのない「寄付」や「義援金」をもっと当たり前にしたいというAQUA JACKET株式会社の想いから生まれた、飲むだけで気軽に寄付につながるミネラルウォーターで、1本購入するごとに任意の寄付団体へ3.9円が自動で寄付されるシステムです。また、生産工程の一部は障がい者支援施設と協業で行われています。

NTT-ATは、“誰かのために 小さなことを できることから始めよう!”をキーワードに社会貢献活動やCSR活動に取り組んでおり、
  • 飲料水を通じた、「寄付」と「障がい者支援」という2つの社会貢献活動の実施
  • 来訪者等への提供を通じ、CSR活動の積極的な推進
  • 社員のCSR意識の向上とお客様とのコミュニケーションの契機の醸成

を実現するため、「Donation Water」を購入することといたしました。

 


NTT-ATは、今回「水」を通して多くの人々を支援する施策に取り組むことといたしましたが、今後もこうした活動の継続により、世の中・社会に貢献したいと考えています。

AQUA JACKET株式会社の商品を通じた支援先について

・ピンクリボン(Pink ribbon)活動

乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進することなどを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン。

・公益財団法人 日本対がん協会

日本対がん協会は、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって、がんの撲滅を目指そうという趣旨で1958年(昭和33年)に設立。がん教育、検診の推進、患者・家族支援という3つの施策を柱に、専門家の育成、がん無料相談などの活動を行っている。乳がんの世界的なキャンペーンの「ピンクリボン活動」やがんのチャリティ活動「リレー・フォー・ライフ」などにも取り組み、がん征圧を目指している。


※ 本文中に記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

 


 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア