ドコモオープンイノベーションクラウド® ソリューション開発者向けマネージドサービス「EG Assist」の提供を開始
2021年06月14日

ドコモオープンイノベーションクラウド® ソリューション開発者向けマネージドサービス「EG Assist」の提供を開始

NTTアドバンステクノロジ株式会社
 

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、株式会社NTTドコモ(以下:ドコモ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊基之)とドコモオープンイノベーションクラウドのパートナー契約を締結し、ソリューション開発者のためのマネージドサービス「EG Assist」の第一弾として「セキュリティ対策支援サービス」の提供を6月21日から開始します。

ドコモが提供するドコモオープンイノベーションクラウドは、5G時代に求められる低遅延・高セキュリティなどのMEC(Multi‐access Edge Computing)を特長とするクラウドサービスで、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することにより実現されています。

NTT-ATは、ドコモのクラウド基盤運用について長年に亘る業務実績とノウハウを持つことから、今回のパートナー契約の締結により、ドコモオープンイノベーションクラウドのソリューション開発者に向け、より高度かつ安心・安全なソリューション開発・供給を支援するマネージドサービスを提供します。

背景

2020年に商用提供が開始された5Gサービスは、働き方改革・少子高齢化・人手不足などの社会的課題の解決に加え、With/Afterコロナ時代において、ビジネスの進化を支援するとともに、さらなる市場拡大の起爆剤となるなど、人々の生活を大きく変化させる通信システムです。

現在、ドコモオープンイノベーションクラウド上に低遅延などの特長を活かしたソリューションを創出する多くの開発者が、高速・大容量・低遅延・高セキュリティといった5G技術を活用したソリューション(超高精細な動画配信・遠隔操作・拡張現実(AR)・バーチャルリアリティ(VR)・多種多様なインタラクティブコンテンツ・ゲームなど)の開発・供給を検討しています。

このような状況の中、安心・安全なソリューションを安定して継続的に開発・供給するためには、専門的な知識や技術、そして経験を持つ人材が必要となります。しかし、多くの場合、十分な人材を確保することは容易ではなく、セキュリティ対策やシステム監視対応などの運用業務稼働を削減し、本来のソリューション創出に専念できる環境を整えることが課題となっていました。

これらの課題に対してドコモは、十分な人材やリソースの確保が困難な場合でも、安心・安全にドコモオープンイノベーションクラウドをご利用いただく仕組みを提供するため、長年に亘りドコモのクラウド基盤運用に携わり、NTTグループ内において情報セキュリティ対策などに関する業務を担ってきた実績を持つNTT-ATとパートナー契約を締結しました。

「EG Assist」について

(1) サービス概要

「EG Assist」は、ドコモオープンイノベーションクラウド上でソリューションを実現する開発者向けに、セキュリティ対策やシステム運用監視などを支援するマネージドサービスです。

 

 

(2) システム概要

ドコモオープンイノベーションクラウド上のソリューション開発者環境を外部から監視することで、リスク対策状況の判定や各種異常を検知・通知します。

(3) 導入メリット

「EG Assist」を導入することで、開発者は下記の項目が可能となります。

  1. 高セキュリティを確保した安心・安全なソリューションの提供

ポートスキャン・乗っ取りリスク判定・L7攻撃対策判定などのエンドポイント(インスタンス)のセキュリティを確保

  1. トラブル発生時の迅速な検知・対応

死活監視・サービス監視・リソース監視などにより、トラブル発生時の早期検知・復旧を支援

  1. アプリケーション開発等の生産的な業務への注力

システム運用に掛かるリソース・コストを低減

(4) ターゲット

ドコモオープンイノベーションクラウド上でソリューションを開発・供給する開発者(情報・通信業者、製造メーカー等)

(5) 提供開始

2021年6月21日

今後について

今後もセキュリティ対策支援の拡充ほか、システム監視やトラフィック可視化など、多様なラインナップを予定しています。

NTT-ATは、5G時代のソリューションを開発・供給するソリューション開発者のビジネス推進・拡大に貢献します。

 

 

※「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※「EG Assist」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の商標です。




 


 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア