スマートコミュニティ事業の立ち上げおよび、新たなスマート光デバイス事業の創出に向け機構改革を実施
2021年05月31日

スマートコミュニティ事業の立ち上げおよび、新たなスマート光デバイス事業の創出に向け機構改革を実施

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、7月1日付けでスマートコミュニティを新たな重点事業の一つと位置付け「スマートコミュニティ事業本部」を設置するとともに、IOWNを支える新たなスマート光デバイス事業の創出に向けた「スマートデバイス&マテリアル事業部」の設置を柱とした機構改革を行います。
今回の機構改革により、関連ビジネスの推進体制を強化するとともに、新たなビジネスの創出・拡大に取り組みます。

機構改革の目的と内容

(1)スマートコミュニティ事業の立ち上げに向けた組織を新設

新たなエネルギー関連事業の拡大に向け、まちづくりおよび防災関連事業と既存のエネルギー関連事業を集約し、災害時も通信・電力が利用可能な自律分散型の地域コミュニティ創生に取り組むとともに、その実現に向け、無線・エネルギー・省電力デバイスの技術領域に注力するため「スマートコミュニティ事業本部」を新設する。

(2)IOWNを支える新たなスマートデバイス&マテリアルビジネスの創出に向けた組織を新設

高機能遮熱・発電ガラス、光学部品用樹脂、電気光学結晶(KTN)等の材料技術を核とした新たなスマート光デバイス事業の創出を目指し「スマートデバイス&マテリアル事業部」を新設する。

(3)さらなるビジネス拡大に向けセンタを事業部化

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAIを活用した戦略的IP(知的財産)ビジネスを展開する「IPESビジネスセンタ」および、ネットワーク基盤技術を承継し、ネットワーク開発・維持管理、保守・運用などの事業継続を推進する「ネットワーク基盤技術センタ」については、さらなるビジネス拡大に向け「IPES事業部」、「ネットワーク基盤技術事業部」に名称変更する。

■実施月日

2021年7月1日

 

このニュースへのお問い合わせ先

TEL : 044-280-8823


Twitterでシェア Facebookでシェア