RPAツールWinActor®Ver.7.2.1を販売開始ひな型ファイルからのシナリオ自動生成機能を搭載!~業務分析・可視化ツールと組み合わせたシナリオ作成でRPA導入効果を向上~
2021年04月19日

RPAツールWinActor®Ver.7.2.1を販売開始
ひな型ファイルからのシナリオ自動生成機能を搭載!
~業務分析・可視化ツールと組み合わせたシナリオ作成でRPA導入効果を向上~

NTTアドバンステクノロジ株式会社
 

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、RPAツールWinActorの最新版Ver.7.2.1を4月19日から販売開始します。

業務全体の最適化に向けて、一連の業務プロセスを分析・可視化し、RPAによる自動化領域を明確に定めることがRPA導入効果をさらに高めることにつながるため、BPM・BPRツールなどの業務分析・可視化のツール(以下、業務分析ツール)の需要が高まっています。

一般的に業務分析ツールによるレポートの記述レベル(粒度)が人の作業単位であるのに対し、RPAによる自動化シナリオ作成時にはより細かいPC操作の記述レベルが必要となることから、専門家や業務内容を熟知した担当者が、レポートを分析しRPAシナリオで必要な記述レベルに変換する形でシナリオを開発する必要がありました。この問題の解決に向け、このたび販売開始するVer.7.2.1では、表形式(Microsoft ExcelやCSV)にPCの操作手順を記載した所定の“シナリオひな型ファイル”からWinActorシナリオのベースを自動生成する機能を提供いたします。業務分析ツールのレポートを“シナリオひな型ファイル”の記述レベルに近いものとすることで両者のギャップを埋めることができ、業務分析レポートからWinActorシナリオを半自動生成することが可能となり、さらに連携の可能性が広がります。

さらに、これまでユーザーから要望の多かったMicrosoft 365 Web版のOfficeやGoogle Workspaceのアプリケーション(ドライブ、スプレッドシート)をブラウザで操作する機能およびMicrosoft OneDrive上に格納されたExcelファイルを操作する機能を提供し、業務での利用シーンが増えているSaaSやクラウドサービスとの連携をより一層強化しました。

WinActorは発売以来、現場の担当者が使いこなせる「現場フレンドリー」なRPAを追求してまいりました。最新版Ver.7.2.1の新機能により、RPA導入効果を飛躍的に高め、幅広い利用シーンにおいて最適な自動化環境をご利用いただくことが可能になりました。新しいWinActorは高度化・多様化するお客様のビジネス環境に最適な自動化を提供するとともに、AIなどの技術を組み合わせて、ニューノーマル時代において求められるお客様の新たなDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し業務効率化に一層貢献してまいります。

WinActor Ver.7.2.1の新機能

(1) 表形式の“シナリオひな型ファイル”からWinActorシナリオを自動生成

自動化したいPCの操作手順を記載した表形式(MicrosoftExcelやCSVなど)の“シナリオひな型ファイル(所定フォーマット)”からWinActorシナリオのベースを自動生成することができます。業務分析ツールのレポートを“シナリオひな型ファイル”の記述レベル(粒度)に近いものとすることで、ツール間のギャップを埋めることができ、業務分析レポートからWinActorシナリオのベースを自動生成することが可能となり、さらに連携の可能性が広がります。

また業務内容を詳しく把握するエンジニアでない現場担当者が、作業手順を表に記入したり業務分析ツールから出力されたログ出力結果を表に転記したりすることでも、WinActorのシナリオのベースが生成され、シナリオ生産性が格段に向上します。


 

(2) Microsoft 365対応

Microsoft 365利用方法として「サブシナリオ※)」と「API利用」の2種類の方式を提供いたします。

  • サブシナリオによりMicrosoft 365 Web版のOfficeアプリ(Excel、Word)をブラウザで操作可能

【図3:サブシナリオ(Microsoft 365利用例)】

  • Microsoft Graph APIによりOneDrive上のExcelファイルを操作

(3) Google Workspace対応

Google Workspace利用方法として「サブシナリオ※)」と「API利用」の2種類の方式を提供いたします。

  • サブシナリオによりGoogle Workspaceのアプリ(ドライブ、スプレッドシート)をブラウザで操作
  • APIを利用してGmailによりメールを送受信
    • 既存のメール機能と同様の方法でGmailを利用可能

 

(4) 初心者向けノーコードエディタWinActor Storyboard UI改善

  • シナリオ全体表示機能によりシナリオの全体構造をひと目で把握。長いシナリオ編集も編集中の位置の把握が可能

  • シナリオ編集の効率を上げるショートカットキー提供
    • コピー(Ctrl+C)、切り取り(Ctrl+X)、ペースト(Ctrl+V)、削除(Delete)等に対応

 

(5) その他

  • 1,600種類のライブラリが利用できるWinActor Brain Cloud Libraryの起動メニューをWinActorのツールメニューに追加
  • 付箋に記載されたURLを自動でハイパーリンクとする機能
  • サブルーチンやシナリオファイルの呼び出し履歴、シナリオ実行時間の一覧をクリップボードへコピー
 
(※)サブシナリオについて
WinActorのシナリオ作成時に利用可能な同梱シナリオ部品です。Ver.7.2.1ではMicrosoft 365とGoogle Workspaceに対応した約130の操作のシナリオを同梱しています。
Ver.7.2.0において、シナリオ呼び出し機能として、別ファイルのシナリオを実行中のシナリオから呼び出す機能を提供しています。本バージョンでは呼び出し可能なシナリオを「サブシナリオ」として同梱してご提供しています。

WinActorについて

WinActorは、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAです。

Windows®アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまなPC操作を「シナリオ」として記録し、自動化します。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能です。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や複数システムにまたがるデータの投入を自動化し大幅な効率・品質・コストの改善につなげることができます。WinActorは、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目され、日本企業の業務にマッチしたRPAとして、金融業から物流・小売業まで幅広い分野の6,000社を超える企業に導入いただいています。大企業のほか中堅・中小企業や全国の自治体にも利用者が増え続けています。

WinActor Ver.7シリーズは初心者から上級プログラマーまで「つまずかない、つまずいても転ばない」をコンセプトに、ユーザーインタフェースの刷新、ユーザーエクスペリエンスの改良によりご好評いただいています。
 

 

WinActorはNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

 



 


 
このニュースへのお問い合わせ先


 
 

Twitterでシェア Facebookでシェア