NTT-AT、ITサービスマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 20000」の認証を取得
2020年02月26日

NTT-AT、ITサービスマネジメントシステムの国際規格
「ISO/IEC 20000」の認証を取得

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、一般社団法人情報マネジメントシステム認定センター(所在地:東京都港区、代表理事:山内 徹、略称:ISMS-AC)より、ITサービスマネジメントシステム(以下:ITSMS)の国際規格である「ISO/IEC 20000-1:2018」の認証の認定を2020年1月24日付で取得しました。

これは、NTT-ATの「NWセキュリティマネジメントセンタ ICTサービスオペレーションセンタ」が提供するNOC(ネットワーク オペレーション センター)サービスやSOC(セキュリティ オペレーション センター)サービスなどのITサービスが、効果的・効率的に運用されていることが評価されたものです。

本認証は、構築・運用されているITSMSに対して、国際規格であるISO/IEC 20000-1:2018に規定される、ITサービスのサービスレベルやリスクの管理、ITサービスおよびITSMSの継続的な管理/改善を実現するための枠組みなどに対する要求事項を満たし、効果的・効率的に運用が実施されていることを第三者機関が認証するものです。

今回、NTT-ATのITSMSが認証機関である一般財団法人日本品質保証機構(所在地:東京都千代田区、理事長:小林憲明、略称:JQA)により、認証されました。
 

【ISO/IEC 20000-1:2018 認証の概要】

登録事業者
NTTアドバンステクノロジ株式会社
NWセキュリティマネジメントセンタICTサービスオペレーションセンタ
認証規格 ISO/IEC 20000-1:2018
認証番号 JQA-IT0099
登録日 2020年1月24日
認証機関 一般財団法人 日本品質保証機構(略称 JQA)
認証対象サービス
・リモート監視運用サービス
・テクニカルヘルプデスクサービス


NTT-ATのICTサービスオペレーションセンタは今後も、お客様の大切なサービスを守り、サービスの徹底した標準化・効率化を図るとともに、継続的な運用改善に努めることで、安定した高品質なサービスの提供を実現してまいります。

認証対象サービスについて

リモート監視運用サービス
お客様設備と当センタをネットワーク接続し、24時間365日、お客様のシステムやネットワークをリモート監視するとともに、設備の最適な状態を維持します。これにより、お客様のシステムやネットワークの高品質な運用管理を実現します。
テクニカルヘルプデスクサービス
お客様はもちろん、一次監視部門からのシステムやネットワークに関するお問い合わせやエスカレーションに対応します。また、トラブルシューティングをはじめ、各種設定変更などの依頼にも対応します。

ICTサービスオペレーションセンタについて

NTT-ATのICTサービスオペレーションセンタでは、高度化・多様化するシステムやネットワークを万全のハウジング環境とセキュリティ体制、高品位なソリューション技術で、従来のデータセンターとは異なるユーザビリティとシステムのノンストップ運用を実現し、高品質・高信頼な管理・運用業務を提供しております。
 


 
このニュースへのお問い合わせ先

Twitterでシェア Facebookでシェア