契約書の社内審査をAIがサポート 複数の担当者で行う契約審査に、統一的なレビュー基準を提供!-NTT西日本で導入-~AI契約審査プロセス支援システム「インテリジェント契約チェッカー」Version1をリリース~
2019年10月21日

契約書の社内審査をAIがサポート
複数の担当者で行う契約審査に、統一的なレビュー基準を提供!
-NTT西日本で導入-
~AI契約審査プロセス支援システム「インテリジェント契約チェッカー」Version1をリリース~

NTTアドバンステクノロジ株式会社
 

NTT アドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、契約書の社内審査を支援するシステム「インテリジェント契約チェッカー」Version1(以下:本システム)の提供を開始し、西日本電信電話株式会社様(以下:NTT西日本様、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小林充佳)がファーストユーザーとして導入されました。

本システムは、「AI(機械学習技術)」と高度な「日本語の自然言語処理技術」により、ユーザーが設定したチェック項目に基づき契約書のレビューを実施することで契約担当者の業務を支援します。また、本システムは、各条項にコメントを表示する機能を備えており、契約書のレビューを統一的な基準で実施することが可能です。

NTT西日本様では、デジタルトランスフォーメーション(以下:DX)による業務プロセス改革の一環として、複雑化する契約リスクチェックなどのAIによる実現をめざし、本システムの共同検討を重ね、ファーストユーザーとして採用されました。

提供開始に至る経緯

NTT-ATでは、NTT研究所で培われた技術とノウハウを基に、AIおよび日本語の自然言語処理技術に関する研究開発を続けてまいりました。

これらの技術を活用して、2019年1月に「自動ドキュメント審査システム」を試作し、以降、実用化に向けてさまざまな業界の企業にヒアリングを行ってきましたが、この度、契約書の自主審査業務の効率化に活用したいとのNTT西日本様のご要望のもと、重要事項の審査ポリシーや関連契約の比較表示などの共同検討を進め、本システムの提供開始に至りました。
 



システム構成図

本システムの特徴

本システムは、AIと日本語の自然言語処理技術を組み合わせることで、ドキュメントのさまざまな表現を柔軟に把握し、特徴を抽出することが可能であり、効率的な契約書のレビューを支援します。

チェック項目は、ユーザーごとに設定可能なため、各社で培ってきた契約書レビューのノウハウをシステムに反映し、契約書の作成および審査業務の効率化に貢献することが可能です。

本システムの主な機能

  • 契約書案をアップロードすると、システムが契約書の文書をフレーズに分解し、必要な条項の有無、注意すべき条項など、チェック項目を瞬時に示します。
  • チェック項目はユーザーごとに設定することが可能です。
  • 各条項にコメントを表示することが可能です。
  • 受注契約と発注契約の相対応する条項を見比べながらレビューすることが可能です。

本システムのユーザーメリット

  • AIと日本語の自然言語処理技術の活用により、文章の構成や表現方法に依存することなく、契約書レビューを行うことが可能です。
  • チェック項目はユーザーごとに設定可能なため、各社の審査ポリシーなどの条件に対応したレビューが行なえます。
  • 慎重にチェックを行いたい条項に解説およびチェックのポイントなどコメントを表示することで、チェック漏れの防止や、一次対応を行う営業担当者や経験が浅い契約担当者の理解促進に役立ちます。
  • 受注契約と発注契約の相対応する条項を対照する形で示すことが可能なため、受発注の契約条件差に伴うリスクを把握することが可能です。

お客様の声(NTT西日本様)

「NTT西日本は「ソーシャルICTパイオニア」をめざして、自らの業務プロセスの抜本改革に向けたDXも推進しておりますが、ビジネス営業などの部門においては、ご提案内容の高度化・複雑化が進み、リーガルリスク等への迅速な対応も求められています。そのようななか、営業担当者等が作成する契約書のリスクチェックの稼動軽減を図り効率化するために、NTT-AT様と詳細な検討を重ねながら、このたび本システムを導入することとしました。
 
本システムの活用により社内のDXを推進することはもとより、今後は、契約実務で課題を抱えておられる企業や自治体等のお客様への有効なICTツールとして、NTT-AT様とも連携しながらご提案していくなど、お客様の課題解決につなげていければと考えております。」

提供形態・価格

プライベートクラウドとオンプレミスの提供形態をご用意しております。

価格は、システム構成・年間の契約書取り扱い件数などの条件により異なります。詳細は営業担当へお問い合わせください。

今後の展開

「インテリジェント契約チェッカー」は、ヒアリングから得たお客様の契約書審査プロセスの知見をもとに、ご要望や審査スタイルに沿う形でDXを推進してまいります。対応するチェック項目や契約書の範囲は、今後のリリースで順次増やす予定です。

また、ワークフロー連携などのご要望にも柔軟に対応してまいりますので今後もご期待ください。

◆展示会のお知らせ

2019年10月23日(水)~25日(金)、幕張メッセにて開催される「AI・業務自動化展【秋】(Japan IT Week 秋 2019内)」に出展いたします。
 

◆展示会以外の体験機会

弊社ショールーム(神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー12F)にてミニセミナーを随時行っておりますので、お気軽に営業担当までお声掛けください。
 
また、本システム導入前に試用していただく環境を順次ご提供してまいりますので、詳細は営業担当にお問い合わせください。
 
 
※ 本文中に記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
 

 
このニュースへのお問い合わせ先

Twitterでシェア Facebookでシェア