RPAツール「WinActor®」の最新版を販売開始
2018年02月08日

RPAツール「WinActor®」の最新版を販売開始

~シナリオ作成・編集の操作性向上とシナリオ保護機能を搭載~

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、2014年に商品化し販売しているRPAツール「WinActor®」について、セキュリティ面と操作性を強化した最新版Ver.5.0を、3月1日(木)から販売開始いたします。

「WinActor®」は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目されているRPAツールのひとつであり、日本企業の業務にマッチした純国産ツールとして、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業約500社に導入されています。

このたび、「WinActor®」が行う作業のシナリオ作成にあたり、パートナー企業各社やお客様からご要望の多かったセキュリティ・操作性をさらに強化した「WinActor®Ver.5.0」をご提供します。

WinActor®について

WinActor®は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAツールです。Windows®アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し、自動化します。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能です。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業の効率・品質・コストの大幅な改善につなげることができます。

WinActor®は、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用いただけます。

WinActorの活用例を示した図(WinActorは、工事のための作業指示書、ダイレクトメールの宛名書き、商品受注業務の入力作業、割引サービスの請求処理などに活用でき、商品受注業務の自動入力に活用した場合は、作業時間480分がたった10分(1/50)に短縮できます)

WinActor®Ver.5.0のバージョンアップ機能

今回のバージョンアップは、パートナー企業各社やお客様からご要望の多かった以下の対応を行います。

  • システム連携:
    ⇒ ODBCデータソースと連携したデータ入力が可能、さらに、管理機能にも対応
  • セキュリティ機能強化:
    ⇒ シナリオ保護機能、ログ出力制御機能を追加
  • 操作性向上:
    ⇒ シナリオ編集画面の操作性が改善され、より簡単な操作でシナリオ作成・編集が可能

年間ライセンス料(メーカー希望小売価格)

WinActor®Ver.5.0 フル機能版 90.8万円、実行版 24.8万円
※付随サービスは一切含みません。

販売について

販売に関する詳細(お見積りや製品デモ、評価版など)につきましては、下記の当社公式サイトから、直接販売代理店へお問い合わせください。

お問い合わせ先 : https://www.ntt-at.co.jp/product/winactor/#問い合わせ

展示会のお知らせ

来る2018年2月21日(水)~23日(金)に、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「第1回【関西】AI・業務自動化展」のNTT-ATブースにて、WinActorを出展します。

出展内容詳細 : https://www.ntt-at.co.jp/eventseminar/event/2018/detail/e_20180221/


*ODBC:Open Database Connectivityの略。関係データベース管理システムにアクセスするための共通インタフェース(API)。


※WinActorはNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※記載されている会社名および製品名等は、各社の商標または登録商標です。



このニュースへのお問い合わせ先
NTTアドバンステクノロジ株式会社
ソリューション第二事業本部
ビジネスロボティクスビジネスユニット
WinActor担当

Twitterでシェア Facebookでシェア