更改困難なWindows Server 2003を高い精度でセキュリティの脅威から守る「サーバー延命ソリューション」
2014年05月20日

更改困難なWindows Server 2003を
高い精度でセキュリティの脅威から守る「サーバー延命ソリューション」

~Windows XPサポート終了での実績を生かした細やかなコンサルティングサービス~

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:花澤 隆)は、Windows Server 2003のサポート終了後でもOSの脆弱性を狙った攻撃をリアルタイムに防御する「サーバー延命ソリューション」を5月20日から販売開始します。
NTT-ATでは、昨年にもWindows XP向けの「XP延命ソリューション」を多くの企業や自治体に導入しており、その実績から得られたノウハウを生かした導入・運用のコンサルティングサービスを、「サーバー延命ソリューション」として提供いたします。本ソリューションにより、導入後のセキュリティ向上だけでなく、導入時および導入後における管理者の負担を軽減いたします。
報道発表詳細につきましては、以下のPDFをご覧ください。
このニュースへのお問い合わせ先

NTTアドバンステクノロジ株式会社
ネットワークソリューション事業本部
応用NIビジネスユニット


Twitterでシェア Facebookでシェア