Pivot3 vSTACシリーズ
Pivot3 vSTACシリーズ

仮想サーバとストレージを1台に集約したオールインワンアプライアンス

概要 / 特長

概要

vSTACシリーズは、仮想化技術を用いてサーバとストレージを統合したアプライアンスです。
耐障害性の高い筐体間RAIDを構築でき、筐体に障害が発生しても可用性の高いシステムを提供できます。
またアプライアンスの増設やRAIDの設定変更もシステム稼働中に行えます。
さらにSANの専門知識も不要で簡単に仮想環境を構築できます。

特長

特長1:ディスクや筐体に対して、高い耐障害性を実現
データを複数の筐体に分散させて保存する仕組みを持ち、筐体故障やディスク故障時に高い耐障害性を実現します。
特長2:システムを止めずにシームレスに増設可能
システムを止めずに筐体の増設ができ、稼働中でも利用サイズを追加できます。
特長3:省スペース、省電力化によるTCO削減
ハイパーバイザにVMware ESXiを採用し、複数のサーバやストレージ、FCスイッチを統合して
提供できるため、省スペース・省電力化が実現でき、TCO削減に貢献します。
特長4:GUIで簡単に設定可能
SANに関する専門知識がなくても、GUIで簡単にストレージの設定ができます。
特長5:vSTACシリーズのアーキテクチャと筐体間RAID
vSTACシリーズは、筐体にまたがったストレージプール領域(Array領域)を構築し、その領域内に論理ボリュームを作成し提供します。
また筐体間でRAIDを構築し、筐体に障害が発生した場合でもデータを保護することができます。RAIDレベルはシステム稼働中にも設定変更可能です。
特長6:Pivot3 VM フェイルオーバ
独自のフェイルオーバ機能により、VMware HAを用いずに仮想マシンのフェイルオーバを実現可能です。
※3台以上の構成で1筐体につき1仮想マシンを構築し、仮想マシン数が「筐体の台数-1」の場合に使用できます。

商品情報

vSTAC Edge / vSTAC Watch

映像や大容量のデータの保存を考えているお客様に最適で、vSTACシリーズの持つ耐障害性により、お客様の大切なデータを保護します。
またシステム稼働中にも筐体の増設ができるため、お客様のサービスを継続したまま利用サイズを変更できます。

vSTAC R2S / vSTAC R2S P Cubed

vSTAC R2Sは、vSTACシリーズの中でも、メモリ容量とCPUに優れており、仮想デスクトップ環境を構築するのに適した筐体です。

適用事例

Pivot3社製品「vSTACシリーズ」を使用したお客様の適用事例をご紹介します。

  • マサチューセッツ州の公共事業の事例
  • イタリアの「IKEA」様の事例
  • カリフォルニア州 退職金システムの事例
  • イギリス 医療現場にVDIを導入
  • 株式会社アクシオ様
適用事例をみる

サポート・サービス

保守メニュー

vSTACシリーズの保守メニュー

  • 基本保守(センドバック)
  • 平日オンサイト
  • 24時間365日オンサイト

vSTACTMシリーズの無料お貸出し

vSTACシリーズの無料お貸出しも行っています。
詳しくは下記にお問い合わせください。

貸出しを申し込む

カタログダウンロード

監視カメラパッケージ 2.5 MB
映像監視ソリューション 1.6 MB
セキュアVDIソリューション 1.4 MB
vSTACシリーズ 1.5 MB

販売パートナー

Pivot3社製品を取り扱っている弊社の販売パートナーの一覧です。

販売パートナーをみる


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア