188カ国で使われるセキュアな電子署名サービス DocuSign®
188カ国で使われるセキュアな電子署名サービス DocuSign®
188カ国で使われるセキュアな電子署名サービス DocuSign<sup>&reg</sup>のイメージ画像

紙がなくなると、取引が最大25倍も速くなる!
業務の電子化+自動化でオフィス業務にイノベーションを!

2018/02/13 プラットフォーム「DocuSign®」のASPサービス提供を開始 ~DocuSign®とRPA連携によりビジネス変革を大きく加速~

サービスの特徴

ポイント1188カ国で導入されている、高信頼のデジタルトランスフォーメーションのプラットフォーム

企業向けに設計された信頼のプラットフォームを持つ「ドキュサイン」は、世界188カ国、30万を超える企業で活用されています。最高レベルの暗号化とセキュリティ技術で機密性の高い取引や社内業務の根幹を支えます。

ポイント2業務フローのデジタル化で取引スピードを最大25倍に

電子署名の利用は単なる手段の1つに過ぎません。「ドキュサイン」の狙いは、ビジネスのデジタル化による、コスト削減、業務効率化、顧客満足度の向上です。この、デジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)を実現することで、紙ベースでの処理の最大25倍の速さで取引を進めることができます。

ポイント3RPAとの融合でオフィス業務に次世代の働き方を

RPAツール(Robotic Process Automation)「WinActor」と組み合わせて利用することで、次世代の働き方を実現できます。「ドキュサイン」で電子化した業務フローをRPAで自動化することで、従業員をルーチンワークから開放します。

主な機能

  • 場所・時間に依存しないWEBベースのシステムで、ビジネスのスピードアップが可能
  • 既存の契約書類、各種伝票をそのまま利用して、すぐに簡単にペーパーレスを実現
  • 豊富な機能、多様なWebAPIを持ち、B2Bサービスへの適用に大きな強み
  • 署名済文書の管理は、高い安全性、信頼性を保証(ISO27001、SSAE16等の規格準拠)

利用シーン

  • 電子的な契約書があり、ペーパーレス化を実現したいのに、社内外の承認行為でどうしてもプリントアウトをしてサイン・押印しているとき、「ドキュサイン」を使うことで、完全なペーパーレス化を実現できます。
  • WinActorなどRPAで社内外の処理を進めているのに、途中でどうしても紙ベースでサイン・押印をする処理をはさみ、自動化が途切れているとき、「ドキュサイン」を使うことで、完全自動化を実現できます。
DocuSignを使った契約フロー Before・Afterの図

「ドキュサイン」を使った契約フロー Before・After

仕様

  • インターネット上のSaaSであり、一般的なWebブラウザで使用可能
  • Android、iOS用アプリも用意


※    記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア