事務作業の自動化ツール「WinActor」に英語版登場!
2017年05月17日

事務作業の自動化ツール「WinActor」に英語版登場!

~ RPAツールとして外資系や海外企業への導入を視野に ~

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、2014年から販売していた「WinActor(ウィンアクター)」の英語版を5月22日(月)から販売開始いたします。これにより、外資系企業や海外企業の皆さまにもご利用いただけます。

「WinActor」は、働き方改革、業務の効率化を検討する企業への貢献するツールとして最近注目されているRPA*1)ツールのひとつであり、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業に導入されています。
このたび、パートナー企業各社やお客様から、英語版を開発してほしいという強いご要望をいただき、「WinActor」の英語版を販売いたします。

*1) ロボティック・プロセス・オートメーション

WinActor について

「WinActor」は、Windows®アプリケーションの操作を簡単に自動化し、業務の効率化を図ります。

これにより、これまで人手でないとできないと思われてきた複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業における効率を大幅に改善します。

同様に、業務システムが個別に開発され、システム間で連携できずに人手による処理量が大きい場合や、作業は単純でもノウハウが必要なため初心者の作業効率があがらない場合にも効果を発揮します。

「WinActor」は、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用いただけます。今回の英語版販売開始により、日本で好評だった「WinActor」のさまざまな機能を海外オフィスでも活用いただけるようになります。

WinActorの利用方法(シナリオを自動作成後、画面上でシナリオを編集(プログラミングスキルは不要)し、Winactorの実行ボタンを押すだけで、見本動作通りの作業を実行できます)

*「WinActor」は、NTT 研究所の技術を元に、NTT-AT で製品化した商品です。

導入事例

「WinActor」の導入事例を紹介します。

  • 受発注計画書データのシステム投入(データ入力の作業量を95%削減)
    計画書(Excel)の内容を複数の社内システム(電子決裁と経理システム)へ自動入力。
  • ECサイト、SNSサイトの商品情報更新(数千件/月の作業を完全自動化)
    商品伝票(Excel)を読み込み、ECサイト、SNSサイトの商品情報を入力の上、アップロードするまでを自動化。
  • 注文書のシステム投入と発注伝票作成(データ入力と伝票作成の作業を75%削減)
    大量の注文書を受注管理システムに自動投入。さらに、システムからデータを取り出し、不要な情報をマスキングして発注伝票作成を自動で実施。
  • 小売りチェーン店における商品要望書のシステムへの登録作業と結果レポート作成(要望書の登録作業、及び、管理システム開発が不要)
    従来、企画部門が取りまとめを行っていた多数店舗からの商品に関する要望書を、要望書が店舗から特定フォルダに提出されたタイミングで管理システムに自動登録。結果を企画部門にレポートする作業まで自動化。
  • 開発試験データ入力と試験成績書(データ入力の作業を95%削減)
    試験データを開発システム画面に入力し、画面遷移を評価、評価結果を試験成績書に記載。

今後の展開

今後、英語版を販売することで、2017 年度に3 億円の売り上げを見込みます。


※記載された商品名、製品名は、各社の登録商標または商標です。



このニュースへのお問い合わせ先
NTTアドバンステクノロジ株式会社
グローバル事業本部
グローバル営業部門

ソリューション第二事業本部
ビジネスロボティクスビジネスユニット


WinActorの英語版リリースに際し、代理店NTTデータ様からコメントをいただきました。

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
隅田 真司 事業部長

「このたびWinActor英語版を提供できることになり、とてもうれしいです。NTT DATAは、WinActorを世界中に展開していくことで、あらゆるお客様業務のプロセス改善と効率化に貢献してまいります。」

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部 RPAソリューション担当
中川 拓也 課長

「WinActor英語版リリース要望にご対応いただき感謝しています。日本のお客様に大好評のWinActorは、日本のお客様の海外拠点はもちろん、海外のお客様にも必ずやご満足いただけると確信しております。NTTデータは販売元として、グループを挙げ、グローバル展開を推進していきます。」
Twitterでシェア Facebookでシェア