LGBTなどの性的マイノリティの取り組みに関する指標 「PRIDE指標」においてゴールドを獲得
2017年10月12日

LGBTなどの性的マイノリティの取り組みに関する指標 「PRIDE指標」においてゴールドを獲得

NTT-ATは、任意団体 work with Prideによる、企業のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)などの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」に応募しておりましたが、2017年10月11日に開催された「work with Pride 2017 セミナー」において、企業等の枠組みを超えて、LGBTなどの性的マイノリティが働きやすい職場づくりを推進していることなどが評価され、最上位のゴールド取得企業として表彰されました。

NTT-ATは、NTTグループの一員として、社員一人ひとりの多様な価値観や個性を尊重し活用するダイバーシティ・マネジメント推進を重要な経営戦略の一つと位置付けており、今回のゴールド獲得を励みに、今後ともLGBTなどの性的マイノリティが働きやすい職場づくりに向け、取り組みをより一層強化してまいります。

表彰マーク:ゴールド
〔表彰マーク:ゴールド〕
※PRIDE指標とは・・・
任意団体 work with Pride(略称:wwP)による、日本で初めてとなる、企業のLGBT、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標。
  指標1 Policy: 行動宣言
  指標2 Representation: 当事者コミュニティ
  指標3 Inspiration: 啓発活動
  指標4 Development: 人事制度、プログラム
  指標5 Engagement/Empowerment: 社会貢献・渉外活動
Twitterでシェア Facebookでシェア