パソコンでの煩雑業務を自動化 「WinActor(ウィンアクター)」を発売
2014年01月09日

パソコンでの煩雑業務を自動化 「WinActor(ウィンアクター)」を発売

~Windowsアプリケーションの操作を簡単に自動化、ミスの防止と業務改善~

NTTアドバンステクノロジ株式会社

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:花澤 隆)は、パソコンでのWindowsアプリケーション操作自動化ツール「WinActor(ウィンアクター)」を2014年1月9日(木)に発売開始します。本ツールでWindowsアプリケーションの操作を簡単に自動化することができ、繰り返し作業のオペレーションコスト削減と、ヒューマンエラーを最小限にするなどの効果があります。直観的な操作でシナリオを編集する機能があり、プログラミングスキルがなくてもマウスを使った操作でシナリオを作ることができます。これまで自動化が難しかった業務の改善を実現します。
報道発表詳細につきましては、以下のPDFをご覧ください。
このニュースへのお問い合わせ先

NTTアドバンステクノロジ株式会社
ネットワークシステム事業本部
営業SE部門


Twitterでシェア Facebookでシェア