ネットワーク管理システム開発ツール TNMS Engine
ネットワーク管理システム開発ツール TNMS Engine

TMN準拠のオペレーションシステム開発ツール

TNMS Engine

 

概要 / 特徴

特徴

  • TMN国際標準インタフェースに整合したシステムを効率的に開発
  • 迅速なプロトタイピングが可能
  • コーディング作業量を総プログラム量の約30%に低減
  • 開発作業の小人数・短期間化が可能
  • 管理オブジェクト機能を異なるOS上で利用可能

仕様 / 詳細

動作環境

機種 OS コンパイラ
HP HP-UX11i V3
(Itanium 2)
HP C/aC++ B3910B A.06.12
PC Red Hat AS 3.0 gcc 3.2.3 20030502
(Red Hat Linux 3.2.3-53)
Red Hat WS 3.0 gcc 3.2.3 20030502
(Red Hat Linux 3.2.3-54)
Red Hat EL 5.8 gcc 4.1.2 20080704
(Red Hat 4.1.2-52)

ラインナップ

  • TNMS Kernel
    管理オブジェクトによって設計された通信網OpSで、共通に必要となる機能を集めたC++クラスライブラリ
  • GDMO Translator
    管理オブジェクトの振舞い記述を付加し、拡張した管理オブジェクト定義ガイドライン(GDMO)による管理オブジェクト定義からプログラムを自動生成
  • Super Manager
    OSS開発時のデバッグツールです。CMIPメッセージを送受信し、エージェントの動作確認を行えます
  • GDMO Viewer
    GDMOの構造を整理し、内容を系統立てて捉えることが可能な支援ツール
  • GDMO Editor
    GDMO定義の新規作成、追加、変更、削除等の編集が可能な支援ツール

TNMS Engine 概念図

TNMS Engine 概念図

※ 本ページに記載されております製品、サービス名または固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

資料ダウンロード


価格表 125KB
 

資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア