AIデータ分析 > 
IoT > 
作業員の安全管理サービス
作業員の安全管理サービス
作業員の安全管理サービスのイメージ画像

作業員の安全は誰が守る?
現場にいなくてもリモートで安全管理。熱中症や体調不良の兆候をAIや機械学習で早期発見。

安心安全が叫ばれ続ける昨今の社会。現場作業員を見守る仕組みにデータ分析を活用しませんか?

  • 製造、建設、流通など様々な現場では、作業の効率化が進み、少人数での作業環境も多く、十分に目が行き届かない状況が発生しがちです。
  • 地球温暖化も進み、工事・建設現場などの作業現場では、急激な気温の上昇や局所的な豪雨など、事故の発生する確率が高まる状況が増えてきています。
  • また、超高齢社会を迎えるにあたり、作業員の高齢化が進んでおり、人員確保も難しい状況です。技術の進展や作業員の減少により、作業員の教育が追いつかないという問題もあります。

従来の安全管理では・・・

工事現場では、作業員の安全管理のため、朝礼、ラジオ体操、始業前点検、安全巡視など、いろいろな取り組みが行われてきています。しかし、人員確保が難しい状況の中、少人数での作業が多いため、十分な安全管理を実施することが難しくなってきています。例えば、万一作業員が事故や病気で転倒したとしても、人員が少ないために発見が遅れたり、その発見の遅れが重大な事故につながる可能性もあります。

少人数でも簡単に作業員の状況を把握したい、万一、事故があったとしても大事故につながる前に早期に発見したい、その解決方法のひとつが、バイタルセンサー等を用いた作業員のリアルタイム監視です。従来の人の目による監視だけでは対応が困難になりつつあるため、バイタルセンサー等のIoTの技術を活用し、遠隔から作業員の健康状態を管理することができる仕組みを実現しました。

バイタルセンサーを使用した作業員の体調管理だけでなく、位置情報センサーや加速度センサーの使用により作業員の行動が把握でき、作業員へ休憩を促すこと、作業の動線の最適化を図ること、作業員の転倒の発見が可能です。また、災害時の位置確認にも活用できます。

「NTT-ATのAIデータ分析」をおすすめする3つの理由

ポイント1最初はご相談から

お客様の課題はさまざまです。課題に対して分析の目標をどのように設定すべきか、どのようなデータを収集すべきか、既にお持ちのデータをどのように活用すべきか、どのような分析を行うべきかなど、データ分析のコンサルティングから始めます。

ポイント2課題の可視化から次のアクションをご提案

データ分析により、課題を可視化し、次のアクションをご提案します。改善の効果を実感しながら分析を進めることが可能です。

ポイント3データサイエンティストがアドバイス

データ分析については、データの特性、ボリューム、分析すべき内容から、適切な分析手法を選択いたします。

利用シーン

  • 作業員の健康管理
作業員のバイタル情報をリアルタイムに監視します。作業員の健康状態を把握することで、作業員へ休憩を促したり、熱中症の予防も可能です。位置情報・加速度センサーを活用すると、作業員がどこで転倒したかも、発見することができます。
  • 危険区域への立ち入り防止
位置情報を把握するセンサーを装着することで、危険区域への立ち入りを監視。危険区域へ立ち入った場合に警告を通知できます。
  • 作業の効率化
位置情報センサーを装着することで、作業員の動線を可視化できます。動線を分析することで、作業・業務の改善が実施できます。 作業員の労務状況が把握できるため、働き方改革への活用も可能です。
  • 災害時の作業員の安全確認
位置情報を把握するセンサーを装着することで、災害時の作業員の位置確認に活用できます。

まずは、お問い合わせください!

働き方改革の一環として、最適なご提案をいたします。
資料請求・お問い合わせ

IoT導入をお考えの方は

工場・作業現場、社会インフラ監視やメータリングなどを中心とした多くの導入実績がございます。こちらのIoTソリューションのページもご覧ください。

同商品シリーズ

Twitterでシェア Facebookでシェア