【らくらく接続】 Comme@(コムアット)ONE - 簡易クラウドコンタクトサービス
【らくらく接続】 Comme@(コムアット)ONE - 簡易クラウドコンタクトサービス
【らくらく接続】 Comme@(コムアット)ONE - 簡易クラウドコンタクトサービスのイメージ画像

お客様との応対、現地の状況把握に時間と費用がかかっていませんか?
Comme@ONEは「早く・安く・簡単」にお客様の困り事を共有できるサービスです。

Comme-at接続キー入力ボタン(9).PNG
Comme-at_ONEメイン画像.PNG

Comme@の新ラインアップ、電話対応支援ツール「Comme@カスタマーサポート」 詳しくはこちら>

※これ以降、Comme@カスタマーサポートをComme@CSと略して表記します。
※「Comme@」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。


2020年8月13日 先にご案内させていただきましたサーバーメンテナンス作業が、予定通り完了いたしました。
サービスの一時停止中はご不便をお掛けし、申し訳ありませんでした。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年8月5日 サーバーメンテナンス実施の為、下記の時間でサービスを一時的に停止させていただきます。
みなさまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
日時:2020年8月12日(水) 18時~20時(予定)
停止するサービス:Comme@で提供するすべてのサービス

2020年4月1日 利用規約の改定を行いました。
 

 

導入事例

株式会社長塚電話工業様

NTTアドバンステクノロジ(以降、NTT-AT)が提供する「Comme@(コムアット)ONE」サービスを活用していただいている株式会社長塚電話工業所様(以降、長塚電話様)の利用例が、日経xTECH(クロステック)様のサイトに記事として紹介されました。そこで記事で紹介されなかったお話などをまじえて長塚電話様の事例を紹介いたします。
ndk-menber.png
今回お話を伺った長塚電話工業所の長塚将社長(右)と営業推進部の真野正彦部長
ndk-product.png
長塚電話様が製造・販売するヘッドセット
「enterprise」シリーズ
ndk-scene.png
長塚電話様の「Comme@」利用シーン

※写真は日経xTECH様のページから出典させていただきました。

お客様からのコンタクト、どうしてますか?

Comme-at3_0030_mt.gif
  • 既存ICTを活用したコミュニケーション運用コストを大幅に削減したい
  • 高額な海外との音声通話、映像通信コストを低減したい
  • フリーダイアルや、通話料金の通信コストを低減したい
  • お客様に通信費を負担させることなく、問い合わせなどの窓口を開設したい
  • 既存の電話サポートに加えて、Webを活用したコンタクト窓口を設けたい
  • 特定保健支援、治験での面接・面談をICTを活用してコストを削減したい
  • ECサイトで商品ページからダイレクトにお客様からのお問い合わせに応答したい
  • 「働き方改革」で在宅支援をしたい
  • 現地にいる保守・メンテナンス要員、作業者へリモートで技術支援等をしたい
Comme(コムアット)ONE」は、こうした課題を解決することができる簡易クラウドコンタクトサービスです。


CommeONEは、WebRTC技術を活用したサービスです。(特許取得済)

サービスの特長

Comme-at3_0040_aj.gif


Comme-at3_0051_OK.gif

 

ポイント1早く、安く、かんたんに

  1. 申込んだその日に、CommeONE発信用ID(発信用URL)と着信用ID/PWを発行します。
  2. サービス料金は5名で使えて月々3,000円(税抜き)。
  3. 特別なアプリ導入は不要、ブラウザでコミュニケーション(iPhoneは専用アプリの利用も可能)
  4. 今お使いのインターネット環境でご利用できます(新たに通信回線を契約する必要はありません)
  5. 初期費用はかかりません
  6. 1ヶ月単位の契約が可能です
  7. 契約月の基本料金は、無料です。(1契約分のみ)

ポイント2コミュニケーションコストを削減する

  1. インターネット接続のためのパケット通信料のみで運用できます(電話料金がかかりません)
  2. フリーダイヤルのように電話料金フリーで問い合わせ窓口を開設できます
  3. パケット通信料のみで海外とコミュニケーションができます
  4. 映像通信・画面共有・チャット機能をシンプルに利用できます

ポイント3既存ビジネスに付加価値を、新しいビジネスの創生を

様々な使い方で既存ビジネスに付加価値をプラスすることができます
【一例ですが】
  • Webサイト上のボタン:ECサイト(特にランディングページ)、新しい問い合わせ窓口の解説
  • メール本文に記載したURL:面談・面接時間の通知メールからコミュニケーション
  • QRコード:広告、チラシからダイレクトに注文や問い合わせ
新しいビジネスモデルを創生することができます
【一例ですが】
  • 1対1の英語学習
  • 国内外の技術支援
  • 在宅支援「働き方改革」 などなど

お問い合わせ

新規のお問い合わせは、ただいま受け付けておりません。



PAGETOP


Twitterでシェア Facebookでシェア