Interop Tokyo 2022
国内

Interop Tokyo 2022

Booth# 4N27

IInterop Tokyo 2022 logoIInterop Tokyo 2022 ブースイメージIInterop Tokyo 2022 ブースイメージ

サイバー攻撃から会社を守る「眠れない情シス」のみなさまへ

NTT-ATでは、高度化・複雑化するNWの安定運用に対して、革新的なご提案をご用意いたしました。以下の3つのブースでお待ちしております。

【1】見る 「社員を鍛える・NWを確認する」 【2】守る 「AIを雇って監視と制御」 【3】託す 「NTT-ATはあなたの情シスです」

BOOTH MAP
BOOTH MAP [拡大

開催概要

開催期間
2022年6月15日(水)~6月17日(金)  幕張メッセ
2022年6月20日(月)~7月1日(金)  オンライン開催
開催地 幕張メッセ
主催 株式会社ナノオプト・メディア
公式サイト https://www.interop.jp/

NTT-ATブース セミナースケジュール

NTT-ATブース内で開催するセミナーをご紹介します。画像をクリックいただくと拡大表示します。

出展商品

1 「社員を鍛える NWを確認する」

標的型メール訓練に社員たちは耐えられるか?あなたの会社の守りは穴が空いていないか?内部感染してもデータは守れるか?を確かめます。そして、社員を鍛えます。

セキュリティ運用者向けの資格取得をお考えのお客様へ
CCSP、SSCP

CCSP(Certified Cloud Security Professional)、SSCP(System Security Certified Practitioner)
クラウド利用のセキュリティ管理者のためのCCSPと、セキュリティ運用者のためのSSCPの概要やトレーニングセミナを紹介します!

CISSPで有名な(ISC)2が開発した、クラウドセキュリティ管理者向け資格CCSP(Certified Cloud Security Professional)と、セキュリティ運用者向け資格SSCP(System Security Certified Practitioner)を紹介します。



標的型攻撃の脅威を感じているお客さま、重要インフラや顧客情報を扱うお客さまへ
標的型攻撃シミュレーションサービス(Cymulate)

標的型攻撃(侵入から内部感染まで)の防御の成否をシミュレーションで事前に把握し、セキュリティ対策の有効性を判断します!

従来からのWeb等個別システムの脆弱性診断のみならず、内部感染を想定して現実と同様の手口で攻撃を仕掛け、データが守られるか否かを確認するためのペネトレーションテストが必須です。

弊社の標的型攻撃シミュレーションサービス(Cymulate)の強みは、網羅的で高度なテストを“ワンショット”から、迅速かつ手軽にスタートできる点です。 

 

社員の標的型攻撃メールに対するセキュリティレベルを上げたいお客さまへ
標的型メール耐性診断サービス

訓練用のメール文面の作成から送信、開封者の集計、報告書作成まで、トータルでサポートします!

サイバー空間では、Emotetなどの標的型攻撃が増加傾向です。社員に偽装メールを送信して、不審メールの見極め能力の向上するサービスです。 不審メールを開封したあとの初動対応についても、合わせて訓練されることを推奨します。
 

商品ページを見る


2 「AIを雇って監視と制御」

AIが、あなたのNWを24H365D監視管理します。異常を検知したり、詰まっている経路を見つけたり、人間では出来ない精度でNWを守ります。


ICT機器、工場IoTセンサ、IoT家電などの異常予兆を検知したいお客さまへ
ディープラーニングによるAI異常予兆検知ソリューション「@DeAnoS」
事前に異常を検知し、トラブルを速やかに回避
-顧客の信頼を失わないシステム・設備の運用は先手必勝で-

1,000種類を超える膨大な監視項目の学習により、IoTシステムやICTシステム、機器設備の故障などの異常や予兆を自動検知し、その要因を推定するサービスです。

再学習支援機能により、経年などによる傾向変化に自動追従し誤検知を減少させたり、学習モデル自動チューニング機能により、システム導入時や構成・機器設置環境の変更時に膨大な手間と時間をかけていた対応を容易にしたりするなど、保守運用者は、より簡単で高精度なオペレーションが可能となります。

 


ネットワークサービスの品質向上・運用を効率化したいお客さまへ
あらゆる通信をリアルタイムに識別・可視化する @FlowInspector

オンライン会議の遅延、映像の乱れに困っていませんか?
リモートワーク時代のネットワークトラブルを解決します!

原因不明の「つながらない」「音声・画像が途切れる」に我慢をしていませんか?仕事・モノ・サービスなど様々なものがNWでつながり複雑に影響しあう時代となり、サービスとNWを切り離した縦割り監視だけではわからない事象が増加しています。

@FlowInspectorは、そのような原因不明のトラブルを抱えた運用管理者様へ、新しいモニタリング手法「LWPI(Lightweight Packet Inspection)」を用いた ”統合的なサービス監視” をご提案いたします。

 


ネットワーク運用/監視を自動化したいお客さまへ
ネットワーク可視化/自動化&マップベースマネジメント NetworkBrain

ネットワークのドキュメント作成、トラブルシューティング、機器の設定変更などに関連する、時間のかかる作業を自動化します!

NetworkBrainは、ネットワーク機器の情報を自動的に収集しマップ上に可視化することで手作業を減らし、ネットワークの停止を最小限に抑えます。

 


ブラウザベースの業務に、私物端末でアクセスしたいお客さまへ
ゼロトラストモデルに基づいたリモート接続サービス

低価格で、個人スマホやパソコンからのテレワークを実現するリモート接続サービスです。

私物利用(BYOD)が可能となるエージェントレス方式で、端末種別を問わずにブラウザベースのテレワーク業務が行えます。

ゼロトラストモデルに基づき、通常のユーザー認証に加え、利用者単位でアクセスできるサーバーを制限し、利用場所や時刻などをベースにリスクベースの動的ポリシーに則ったきめ細やかなアクセス制御を行うことで、高度なセキュリティを担保します。

 


障害時に高速で自動切替、遠隔地でも常時監視と制御を可能にしたいお客さまへ
光ファイバ配線リモート切替ソリューション インテリジェント光スイッチ CSW2

光ネットワークが 「いつでもつながっている」 ことを実現します!

光のパワー低下を検出して、瞬時に経路を切り替えます。
 


サーバ/NW機器の監視を、AIを用いて効率化したいお客さまへ
AIオペレーション高度化ソリューション

コンセプト展示】 監視しているサーバ/NW機器のログ収集とアラートをAIで効率化します!

監視システムにて監視しているサーバ/NW機器のログを収集し、アラートを発報する際に、AIを用いて必要な発報のみを行う「AIを用いた運用効率化」を紹介します。AIと分析技術を用いたコンセプト展示です。
 


2 「NTT-ATは、あなたの情シスです」

NTT-ATが、あなたの会社の情シスになります。状況に合わせて少しづつで良いので、その業務を私達に任せてください。

リモートワークのセキュリティ対策が心配な情シス担当者さまへ
ICT-24 Technical Safety Guard

煩わしいシステム運用管理作業から解放され、社員の端末セキュリティが確保されます。インシデントは、専門チームが迅速に分析!

リモートから、お客様のシステムや端末を監視し、問題があれば迅速に通知し、あわせてセキュリティの監視を行い、危険な通信を検知し、通知します。24時間365日、お客様、情報システム担当者様になりかわって、情シス業務を行う、情シス業務のアウトソースサービスです。

お客様のシステムを、セキュリティ観点も含め、異常が起きないように未然に防ぎます。また、異常がないか見張り、異常を発見した場合は積極的に守ります。

 


 

Twitterでシェア Facebookでシェア
NTTアドバンステクノロジでは、お客様の利便性の向上のために、サイト内でのお客様のアクセスログ記録にクッキーを使用しています。詳細は、プライバシーポリシーをご参照ください。