ビッグ・プロジェクトに携わる“誇りと責任”が明日への力に

CAREER STORY

ビッグ・プロジェクトに携わる
“誇りと責任”が明日への力に

何よりも強く惹かれた、社員の「目の輝き」

学生時代、機械系の学科で微細加工技術について研究していた今村栄司がNTT-ATという会社の存在を初めて知ったのは、研究の一環として参加した技術製品の展示会の場であった。
「他の展示物を見て回ろうと、NTT-ATのブースに立ち寄ってみたところ、学生の私に対しても、とてもていねいに説明してくれたんです。展示してある技術自体にも惹かれたのですが、担当者の方がとても楽しそうに話してくれたのが印象的でした。正直なところ、それから10年ほど経ったいま、展示の内容はあまり記憶にありませんが、その方の目の輝きだけははっきり覚えています。“こんなふうに楽しく仕事ができれば、充実した毎日が送れるだろうなあ”と思ったんですね」

入社して配属された部署では、NTT研究所が有する光ファイバ等を用いた最先端のアクセス技術を、社会のニーズに合う形で提供する役割を担っていた。ここで今村はまず、研究所内の実験用光通信ネットワークの構築やそれを用いた実験のサポートを担当する。

今村 栄司/2003年入社 情報システム学専攻修了 ネットワークシステム事業本部 システム応用ビジネスユニット

今村 栄司/2003年入社
情報システム学専攻修了
クラウドソリューション事業本部
クラウドイノベーションビジネスユニット

機械系育ちでネットワークの知識はほとんど持ち合わせておらず、「“IPアドレスって何?”というレベルだった」というが、実践の場で揉まれながら知識を貪欲に吸収していった。
「わからないことはノートに書きとめ、文献やインターネットで調べて、それでもわからなければ先輩に尋ねて……という繰り返しでしたね。幸い、“どんな新人でも最初は何もわからないし、ミスだってするものだ”という先輩のおおらかな言葉のおかげで、どんなことでも臆せず質問できましたし、先輩も粘り強く教えてくださいました。
また、お客様からの構築オーダに応えるために実験用ネットワーク設備を実際に使っていろいろと試行錯誤したことも、今思えば大いにプラスの経験でした。どんなシステムを構築する上でも、基本となるのはネットワークです。新入社員時代にネットワークに関する知識を“頭と体で”理解する機会を得られたのは、今にして思えばとても貴重な経験でした」

クライアントの“不安”を“安心”に逆転させた、最大の要因

お客様の不安を愚直なコミュニケーションで安心に変えることができた

お客様の不安を愚直なコミュニケーションで安心に変えることができた

入社して2年が過ぎた頃、早くも今村にひとり立ちの機会が訪れる。とある病院の新築工事における電子カルテ用構内LANの設計、構築を手がけることになったのだ。今村は先輩社員の元を離れ、クライアントのニーズの把握から金額の折衝、工事会社への発注、現場での指揮や試験など、多くの工程を一人で担うことになった。そして彼は、このプロジェクトで、机上の計画と現実との狭間で悪戦苦闘することになる。
「仕様をまとめる段階からさまざまな困難がありました。一つの病院にはさまざまな立場の方が働いていますから、そのすべての人にとって利便性の高いネットワークを実現しなければなりません。しかも、やっと固めた計画も、さまざまな業者が関わる工事の現場では、頻繁に変更を強いられる。例えば、図面では配線の長さが10メートルでも、実際には当初の計画にはなかった障害物があって、あと1メートル延ばさなければならない、というようなことが起こるわけです。規模の大きな現場こそ、変更に柔軟に備えておくのが大切だということを学びました」

予期せぬ計画変更の数々に、言いようのない焦りを感じながらも、今村はクライアントや現場担当者との連絡を密にとりつつ、根気強くプロジェクトを進めていった。そんな中で印象深かったのは、工事が完成に近づくにつれて、クライアントからの「呼び名」が変化していったことだという。
「最初の頃は“NTTさん”と呼ばれていたのに、いつしか“ATさん”“今村さん”と名前で呼ばれるようになり、最後には“今村ちゃん”と(笑)、親しみを込めて呼んでいただけるようになりました」

だが、その間の活動に特別な工夫や秘訣など何もない、と今村は笑う。
「お客様も、当初は経験の浅い担当者に不安をお持ちだったと思いますが、私も私なりに、当時は経験の浅い部分をなんとかカバーしよう必死でした。わからないところを尋ねたり、使い勝手をより向上させるために少しでも会話を増やそうと、お客様の元に足しげく通ったんです。お客様から冗談半分に“今村ちゃんはいつもいるよね”といわれたほどです(笑)。そうした愚直なコミュニケーションのおかげで、お客様の“不安”を“安心”に変えることができたのではないかと自負しています」

今村 栄司のある一日

今村 栄司のある一日

スケールの大きさを、ポジティブに楽しむ

今村が現在担当するのは、光ファイバセンシングシステムの提案や構築業務である。このシステムは、光ファイバの中を通る光の屈折や反射に関する特殊な性質を利用して、構造物や地盤の歪み、水位の変化などを計測することができる。構造物の安全を守るシステムとして、トンネルや橋梁、鉄道の軌道など、多方面で利用され始めている。

2010年にオープンした東京国際空港(羽田空港)のD滑走路には、今村が手がけた光ファイバセンシングシステムが使われている。この新しい滑走路は、埋立部と桟橋部のハイブリッド構造という特殊な構造になっている。その双方の部分に光ファイバセンサが取り付けられており、滑走路のひずみを常時監視しているのだ。

「自分の手がけた仕事が、こうした誰もが知っている大きな構造物に使われているのは私にとって誇りですし、同時に大きな責任も感じますね。入社前はほとんど知りませんでしたが、実はNTT-ATにはこうした自尊心をくすぐられるようなスケールの大きな仕事がごろごろしているんです。

アクセスシステム事業部に配属(当時)

研究所内の光通信ネットワークの構築や保守などを通じて、ネットワークの基礎を習得。

病院の電子カルテ用構内LANの設計、構築などを通じて、ネットワークの基礎を習得。

光ファイバセンサを用いた光センシングシステムの提案、構築業務に携わる。

今村栄司のキャリアステップ

しかも社内には、そうした責任の大きさや重みのようなものをポジティブに楽しんでいる人が多い。でも、そんな状況を誰よりいちばん面白がっているのは、私かもしれませんね」

大きなプロジェクトにはもちろん困難もたくさんあるが、無事に終えたときの達成感は格別、と今村は楽しげに語る。きっと学生時代の今村が出会った社員も、同じような表情だったに違いない。
「このシステムは光によって作動するので、電気を使うシステムに比べて安全です。ですから、深海とか宇宙といった過酷な状況にも適しているんです。今後は深海探査機や国際宇宙ステーションなんかに光ファイバセンサを取り付けて、定期点検や現地調査に行けたら楽しいですね」

そう語る今村の仕事への情熱は、未来へと広がっている。

※記載の文章は取材時点のものです。