広帯域ステレオ音声データベース
広帯域ステレオ音声データベース

IP通信網の通話品質評価用の6言語のステレオ音声データベース

概要 / 特徴

概要

IP技術の進展にともない、ITU-T(国際電気通信連合、通信セクター)、ETSI/3GPP(ヨーロッパ通信標準化機構、第3世代携帯電話協力プロジェクト)などの標準化団体では、この技術で提供可能となるSuper Wideband(オーディオ帯域(~14kHz))の符号化方式の標準化を進めております。このようなサービスでは、音楽信号と同様に、音声もモノラルだけでなくステレオでの伝送も可能となっております。
弊社では、多言語音声データベース、単語音声データーベースなど、電話帯域(3.4kHz帯域および、7kHz帯域)に対応できるデータベースを販売し、ご好評を頂いておりますが、ステレオ音声のサービスに対応した品質評価にも対応可能な音声信号をデータベース化し、販売することになりました。


発声者・文章数

発声者、文章数については下表の通りです。それぞれの国のネイティブスピーカーが発声しています。日本語については、プロ(声優)による発声もあります。

米語 男女各4名 120文章
日本語 男女各3名 100文章
北京語 男女各3名 100文章
ドイツ語 男女各3名 100文章
フランス語 男女各3名 100文章
英語 男女各3名 100文章

※ 本製品の仕様は予告なく変更することがあります。

資料請求・お問い合わせ

PAGETOP

仕様 / 詳細

仕様

言語

米語、日本語、北京語、ドイツ語、フランス語、英語


メディア

音声サンプル米語が2枚のCD-ROMディスク、それ以外の言語が1枚のCD-ROMに収められています。音声サンプルはWindowsのWave形式となっており、48kHz、16bitの標本化のステレオフォーマットとなっています。また、文章ごとにパワーレベルを等化(-26dB)してあります。
※ CDプレーヤで再生可能なCD-DAフォーマットでの記録はされていません。


録音

14kHzまで平坦性が保証でき、特性の揃ったスタジオ用マイクロフォン(B&K 4003)2個を使用しステレオ録音しております。2つのマイクロホン間の距離は20cmとしております。その他の録音方法はITU-T勧告P.800に準拠しています。

※ 本ページに記載されております製品、サービス名または固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 本製品の仕様は予告なく変更することがあります。

価格

広帯域ステレオ音声データベース お問い合わせください。

PAGETOP

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア