D通信サービス会社様

障害対応時の円滑な情報交換と移動コスト削減を実現

要望・課題

  • 障害対応用の連絡機材として音声会議端末とTV電話を使用していたが、使い勝手が悪い。
  • マネージャーの国内移動が多く、決裁取得や会議開催の為の事前調整の負担が大きい。

導入効果

  • 3面マルチ(1拠点1画面)画面構成を活かし、情報交換効率アップが実現した。
  • テレビ会議(TV会議 ビデオ会議)導入のどの拠点からもスムーズに決裁取得が可能となった。
  • 今後はオペレータのサテライト研修にテレビ会議(TV会議 ビデオ会議)を活用する。
  • Duo Videoを用い、資料の共有社内決済に利用している。

成功のポイント

  • 障害対応時に有効な直感的3画面構成を実現。
  • テレビ会議(TV会議 ビデオ会議)は複雑な操作が必要なく、機器が安定している。

構成概要

 導入機器 フルHDテレビ会議(TV会議 ビデオ会議)HD端末(Cisco(Tandberg)C90)6台
テレビ会議(TV会議 ビデオ会議)HD端末(Cisco(Tandberg)Edge95)2台
 ネットワーク 社内LAN

概略構成図

国内に分散したコールセンター障害対応時の円滑な情報交換実施、また日常業務における移動コスト削減を目的としてテレビ会議(TV会議 ビデオ会議 Cisco(Tandberg)c90,Cisco(Tandberg)Edge95)を導入した際の概略構成図

 

 

PAGETOP

 

資料請求・お問い合わせ

 

Twitterでシェア Facebookでシェア