トラブル解決にも役立つ 「トラフィック分析/見える化サービス」
トラブル解決にも役立つ 「トラフィック分析/見える化サービス」

「社内ネットが遅い! でも原因が分からない!」その謎を"スッキリ"解明して解決へ導きます。

資料請求・お問い合わせ

お急ぎの場合は、商品お問い合わせセンタ(0120-057-601)までお電話ください。
※受付時間 平日9:00~17:00

ネットが不安定で、社内にこんな感じになっている人はいませんか

ネットワーク状態の可視化・分析による課題の顕在化します!
ネットの遅さや不安定さによるクレームに頭を悩ませている情シス担当やSEの方に朗報です。昨今、仮想デスクトップやクラウド利用などでトラフィックが急増し、さらにセキュリティ対策などでシステムが複雑化しているため、問題発生時の原因究明が困難になっています。
しかし、これらの問題を放置することは業務効率を低下させると同時に利用者のストレスとなり、社員の士気やサービス品質の低下にも繋がるため、早急な原因究明と問題解決が必要です。NTT-ATのトラフィック分析/見える化サービスは、ネットワークを可視化することによって潜在的な問題をあぶり出し、根本的な原因究明と課題解決へ導きます。

「トラフィック分析/見える化サービス」をおすすめする3つの理由

ポイント1トラフィックの“現状”を分かりやすく可視化
 

時間帯やアプリ種別、個人毎のネット利用状況など、さまざまな角度からトラフィックの状態をグラフィカルに可視化し、現状の課題を顕在化します。

ポイント2 多角的かつ高度な分析が可能
 

宛先別・アプリ別のスループット・遅延測定から、SAPやOracleなどの業務系アプリ、IP電話、SNSなどの利用状況が分析可能です。

ポイント3 レイヤー毎によるさまざまな可視化

ユーザー単位/アプリケーション単位/デバイス単位/ネットワークトポロジー/トラフィック種別など、目的に応じてレイヤー毎に可視化します。

ユースケース

このような課題を抱えている情シス・SEの方にお勧めです!

 
  • 仮想デスクトップやクラウドを使った社内システムが遅いが、原因がわからず困っている…
    「いつ」、「誰が」、「どんなプロトコル」を使ったかを一目で把握することができるため、利用禁止アプリケーションの利用抑止などにも役立ちます。また、アプリケーションやユーザの利用状況を可視化することで問題事象の原因の特定や、ネットワークに潜むセキュリティリスクを認識することができます。
  • 回線コストの見直しをしたいので、時間帯やアプリ毎のネット使用率の詳細が知りたい…
    各拠点と本社間の「トラフィック量」、「アプリケーション比率」のグラフ化、複数ネットワークの統合によるコストの削減ができます。
  • 一部社員が動画サイト閲覧やネットゲームをしているようなので、詳細を把握したい…
    多く帯域を消費している時間の解析、また、ユーザ毎のデータ量、アプリケーション使⽤量、デバイス種類、コンテンツタイプなど細かい情報が確認できます。

適用事例


本社>支店間のネットワーク遅延原因を特定,遅延発生時間帯,一部の支社と本社間の通信が特定の時間帯に遅延し、業務に支障をきたしている,本社と支社のトラフィックを1週間程度測定。同じセグメント内の複数の部署で同じ時間帯に大量の通信が行われていたことがわかり、セグメントを分けることで解決。
ユーザー毎のトラフィック分析,インターネットサービス事業者,遅延発生時間帯,連日深夜からトラフィックが発生し、動画再生やIP通話の品質低下でクレーム連絡が急増している。回線を増強したいが、どれくらいの規模にするか検討したい。,アプリ毎の利用帯域を分析した結果、特定の動画サイトへのアクセスが集中していたことが判明。他の空いた帯域を割り当てて急場を凌ぎつつ、近々インターネット側の回線も20%増強することにした。

PAGETOP

データ取得方法


インラインで取得,弊社モニタリング装置をお客様NW内に設置しデータを取得,ミラー設定で取得,ミラー設定により、弊社モニタリング装置にデータのコピーを取得,取得済みPcapデータを送付,お客様によるパケットキャプチャデータを取得

ご提供するレポートのイメージ例


アクセスの多いプロトコル,DNS,ARP,DropBox,GoogleService,Facebook,skype,Box,YouTube,HTTPS,ohter,Application Usage
 
統計グラフ,Daily Usage Trend,other,HTTPS,YouTube,Box,skype,Facebook,GoogleService,DropBox,ARP,DNS,トラフィック量
 
レポートでは、ネットワークの使用帯域をアプリケーション毎やユーザ毎の利用状況を解析できます。また、デバイス毎のデータ使用量、アプリケーション使用状況の可視化が可能で、遅延時間などの品質情報について、上り方向、下り方向等に分けて情報提供が可能です。

導入事例

ネットワークトラフィックの量・場所・時間をあらゆる角度から分析することにより、
通信品質の向上&コスト削減の両立を実現。

株式会社ミライト 様

高度な情報通信設備建設をメイン事業としている株式会社ミライト(以下:ミライト)では、サーバー・ネットワークの構築・設計に加えて運用面でのサポートも精力的に取り組んでおり、顧客からの信頼も厚い。その信頼を裏付ける形でさまざまな相談が舞い込んで来るが、最近増えているのは「サービス拡充のため回線をどのくらい増強するべきか」、「コスト削減のため回線を集約したいが業務に影響が出ないか」といったネットワーク構成の見直しだという。これらの的確なアドバイスにはトラフィックの量と質を正確に見極め、分析することが必須だが、その解決策としてNTT-ATの『トラフィック分析/見える化サービス』に白羽の矢が立ち、顧客満足度の向上に役立っているという。

株式会社ミライト
エンジニアリング&サービス本部
第二エンジニアリング部
担当課長 島田 賢一氏
株式会社ミライト
エンジニアリング&サービス本部
第二エンジニアリング部
主査 山田 晋也氏


 

詳細につきましては、以下のPDFをご覧ください。

「トラフィック分析/見える化サービス」のミライト様導入事例 1.5MB



PAGETOP

 

価格

トラフィック分析/見える化サービス 測定ポイント数、測定期間により変動します。
お問い合わせください。

測定ポイント数:1ヵ所: 320,000円(税別)~
上記料金には専用の機器使用料、エンジニア派遣料が含まれます。
 


資料ダウンロード

トラフィック分析/見える化サービス 0.6MB

仮想化・IPネットワーク システム検証 タイプ別課題解決ガイド

関連商品

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア