WebRTC対応Telestaxアプリケーションサーバ 導入ガイド

Telestaxアプリケーションサーバ/次世代クラウドコミュニケーションプラットフォーム

導入ガイド

仕様等

TelScale フレームワークシリーズ

TelScale コアネットワークシリーズ

Restcomm 次世代クラウドコミュニケーションプラットフォーム

TelScale(テレスケール)フレームワークスシリーズ

TelScale フレームワーク:「JAIN-SLEE」

TelScale SLEE – 拡張性に富んだ、イベントドリブン型のアプリケーションサーバーです。
ロバストなコンポーネントと耐故障性の実行環境を提供します。
SS7 MAP、TCAP、INAP、ISUP、SMPP、USSD、XMPP、SIP、MGCP、HTTP、XDM、XCAPなど、さまざまなネットワーク要素 とのコネクタを提供します。 JSR 240(JSLEE 1.1)に準拠しています。

概要

JAIN-SLEEは、SIP、SS7、Diameterなどのコンポーネントを結びつけ、より高度な通信サービスを提供することができるアプリケーションサーバーです。

コンポーネント

以下のコンポーネントとセットで提供されます。

  • jSIP
  • jSS7
  • jDiameter
管理ツール

JMXコンソール、Joprプラグイン、SNMPアダプタなどのJBoss  Applicationサーバーの管理ツール継承。

インストール条件
・ハードウェア
・ソフトウェア

300MB以上の空きスペース
4GB of RAM memory
32 or 64 bit Operating Systems
JBoss Application Server
Java Development Kit(JDK)version 6以上

ユーザマニュアル

http://docs.jboss.org/mobicents/jain-slee/2.7.0.FINAL/container/user-guide/en-US/html_single/

TelScale JAIN-SLEE Data Sheet(Telestax社へリンク) 237KB

管理用のWeb UIを新たに追加いたしました。
さらに詳しくは、JAIN-SLEE(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。
 

TelScale フレームワーク:「SIP Servlets/WebRTC」

TelScale SIP Servlets – アプリケーション群であり、 Java EE上で展開され、SIPや統合・集約された各種アプリケーションを開発できます。
Tomcat、JBoss AS/EAP、Java EEコンテナ上で動作します。JSR 289(SIP Servlets 1.1)に準拠しています。
Mobicents SIP Servletsは、 HTML5 WebRTC及びSIP Over WebSocketsを使用したリアルタイムコミュニケーションを実現します。

概要

SIP Servlet/WebRTCは、クラウド化を容易に導くミドルウエアプラットフォームであり、SIP over WebSocketにより、HTML 5 WebRTCブラウザ間でのリアルタイム(音声、ビデオ)通信を可能にします。

コンポーネント

以下のコンポーネントとセットで提供されます。

  • SIP servlets
  • WebRTC Client
  • jSS7
  • jDiameter

インストール条件
・ハードウェア
・ソフトウェア

Linux/Unix、CentOS 6.4
64-bit Amazon Machine Image(AMI)

ユーザマニュアル

http://telestax.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2013/10/TelscaleSipservletsQuickUserGuide.pdf

TelScale SIP Servlets Data Sheet(Telestax社へリンク) 219KB

管理用のWeb UIを新たに追加いたしました。
さらに詳しくは、SIP Servlets(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。
 

TelScale(テレスケール)テレコムイネーブラーテレコムサービスを実現する主要機能

TelScale jSS7
ITU-T標準のSS7スタックをサポートし、既存のSS7カード(弊社ではDialogic製カードを取扱中)とIP(SIGTRAN)に対応しています。MPT2、3、ISUP、SCCP、TCAP、MAP、CAP、INAPのSS7の全レイヤーに対応しています。
詳細はデータシート(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。

管理用のWeb UIを新たに追加いたしました。
さらに詳しくは、TelScale(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。
 

TelScale Media Server
すべてJavaベースで構成されています。本メディアサーバーはMGCP(JSR-23、RFP 3435)およびJSR-309(メディアサーバーコントロールAPI)により制御可能です。TelScale Media Serverは、モバイル(ワイヤレス)と固定(ワイラーライン)、ブロードバンドアクセス、FMCネットワークなどが集約・統合されたアプリケーションが実現できます。

詳細は、データシート(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。


TelScale Convergent Charging Server
豊富な機能を実装するための拡張性を考慮したリアルタイム型の集約型課金ソリューションを提供します。オンライン、オフラインの両方に対応し、最新のIP/Diameterや既存のSS7/CAMELインタフェースを有しています。

詳細は、データシート(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。


TelScale Diameter Suite
ダイヤメータプロトコルファミリーをサポートし、各種端末/サーバー側のサービスやツール類を提供します。本製品は、広く利用されているダイヤメータのアプリケーションやそのための最適な基本プロトコルを実装しており、LTE/4GやAS(Application Server)、HSS(Home Subscriber Server)、CSCF(Call Session Control Function)、SLF(Subscriber Location Function)などのIMS構成要素の構築を短期間で実現することができます。さらに、ダイヤメータアプリケーションを追加することも可能です。

詳細は、データシート(英文、Telestax社へリンク)をご覧ください。


TelScale SIP Presence Server
SIPネットワーク上のクライアントとサーバーのプレゼンスを提供します。RCSはじめ、IETF、GSMA、OMA、3GPP、ETSIなどの標準を広くサポートしています。XDMサーバーも含め、Presence Server やResource Lists Serverについても将来、サポート予定です。
 

TelScale jSIP
SIP/SDP/IMSに準拠したスタックであり、キャリアグレードのフォールトトレラント能力を有しています。
 

TelScale(テレスケール)コアネットワークシリーズ

TelScale :「GMLC(Gateway Mobile Location Centre )」

位置情報ベースのサービスをGSMやUMTSのネットワーク加入者に提供します。

通常、一つのPLMN(Public Land Mobile Network)には、複数のGMLC(Gateway Mobile Location Centre)が定義されますが、外部のGSMまたはUMTS上LCSクライアントが最初にアクセスする GMLCが一つ存在します。
GMLCはHLR(Home Location register)またはHSS(Home Subscriber Server)からのルーティング情報をリクエストすることができます。レジストレーション認証後、GLMCは、VMSC(Visited Mobile Switching Centre)、 SGSN(Serving GPRS Support Node)、 MSC(Mobile Switching Centre)Serverのどれかにリクエストを送信し、対象の現在位置情報を受け取ります。

GMLCはMobicents jSS7上に構築されます。 

GMLCはTeleStax社と個人や企業のコミュニティにより共同開発されました。

TelScale :「Charging Server」

TeleScaleコンバージェント課金サーバーは、高い柔軟性と豊富な機能を持ち、リアルタイムでの課金ソリューションを提供します。
JAIN-SLE上TeleScaleダイアメーターと連動して動作し、高いスループットと低遅延を実現しています。

TelScale Charging Server概要
通信事業者が提供するサービスは、種類が増えかつ複雑になりつつあります。課金方法もポストペイドやプリペイド方式、およびネットワークやトラフィックタイプの組み合わせなど、多様化が進んでいます。TelScaleの集約型課金サーバーはそれら様々な課金体系を一つの枠組みに統合することができます。
3GPP標準の課金アーキティクチャに従い、通信事業者の独自方式をフレキシブルに調和させた課金ソリューションを提供します。

TelScale :「SMSC(Short Message Service Centers )」

TelScale SMSCは、携帯端末より発信されるSMSを受信し、目的の受信者へ送信します。
ESME over SMPPプロトコルによるフレキシブルなルーティング機能を提供します。
加入者間(例えば家族間、友人、ワークチーム間)でのグループメッセージが可能です。
マーケティングキャンペーンなどに利用できる“SMSブロードキャスト”を提供します。
Web UIを介して、キャンペーンの管理者は、優先順位、スケジュール、メッセージのブロードキャスト状況をモニタすることができます。 SMSCのインスタンスを増やすことで、より短時間でSMSを対象者へ送信することができます。

概要

TelScale のSMSCは、TelScale JAIN SLEE Server上で動作する JavaベースのオープンソースによるSMSC Gatewayです。加入者相互間のSMSメッセージの交換やキャンペーン等の用途にご利用いただける一斉送信機能、グループ送信機能を具備しています。

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークと統合した付加価値サービスの提供が可能です。

インストール条件
・ハードウェア
・ソフトウェア

詳細は、以下を参照ください。
http://docs.telestax.com/smsc-prerequisite-and-setup/
Intel Pentium 1GHz以上
HD空き:10GB以上
RAM:1.5GB以上
Java:Java Runtime Environment(JRE)
またはJava Development Kit(JDK)
Version7 以上

TDMハードウエア

E1/T1 links via SS7
Dialogic SS7ボードをサポート

DataBase

Cassandra database(version 1.2 or higher、最新版の利用を推奨)

ユーザマニュアル

http://docs.telestax.com/smsc-homepage/

TelScale :「USSD gateway」

TelScale USSDゲートウェイはゲートウェイと付加価値サービスモジュールまたはサードパーティ間にHTTP及びSMPPプロトコルを使用します。
USSDゲートウェイは短いコードを提供し、非同期でサードパーティアプリケーションがデータを取り出して提供されたメニューに対するユーザーのレスポンスを含む全てのトランザクションにCDRを生成します。
USSDゲートウェイはCDRの存続のため、サードバーティのデータベースを利用します。

TelScale :「SIP Presence Service」

MSPS(Mobicents SIP Presence Service)はSIPベースのネットワーク上にIETFやOMA、3GPP、ETSIの標準に準拠したプレゼンスに関する機能を提供します。本サービスは、3つの相互に関連したサーバーで構成されます。

さらに詳しい情報はこちら(英文)
http://www.mobicents.org/sip-presence/intro.html

ユーザーガイド(英文)
http://docs.jboss.org/mobicents/sip-presence/1.0.0.FINAL/user-guide/html_single/

TelScale :「HTML WebRTC Client」

Mobicents SIP Servlets 2.0.0.FINALはSIP Servlet 1.1の仕様に準拠、Tomcat 7、JBoss AS 7、LGPL v2.1上で動作し、 HTML5 WebRTCとSIP Over WebSocketsを使用して、音声、ビデオのリアルタイムコミュニケーションを実現します。
 
Mobicents HTML5 WebRTCクライアントはSIPのエンドポイントと同様に、 WebRTCに対応したどのようなWebブラウザとも、(Google Chrome 、Firefox a、Opera 対応済、IE、Safari にはプラグインが必要)ビデオコミュニケーションが可能です。
 

テクノロジー

クライアント
アプリケーションのクライアント側は、UIに用いるTwitter Boostrap、javascript interactionsに使うjQueryで構築されます。WebRTCommとのセッションは、SIP Over WebSocketsを使用します。
サーバー
WebRTCommはSIP Over WebSocketsをサポートするMobicents SIP Servlets JAIN SIP Stackと通信します。 アプリケーションのサーバー側は、標準的なBack To Backユーザーエージェントであり、SIP Over WebSocketsトランスポートを透過的に処理し、あらゆるSIPエンドポイントへ橋渡しを行います。
参考アプリ
SIP Servletの最新版

 

新機能

以下の新機能を搭載しています。

  • HTLM5 WebRTC Clinet
  • SIP Over WebSockets
  • JBoss AS7に対応(TCK Compliance)
  • Tomcat 7.0.29
  • Mobicents Media Server 3.0.0.CR1 

 

最新版利用のお願い

長期にわたるサポートやアップグレードを提供いたします。そのため、最新バージョンのTelScale SIP Servlet 製品、Tomcat、JBossASをご利用ください。(上記のリリースはTomcat 6、JBoss AS5では将来のサポートが保証されない場合があります)

レストコム(Restcomm)

レストコムは次世代/オープンソースのクラウドコミュニケーションプラットフォームであり、Webサービスの開発スキルのみで音声やテキストメッセージアプリケーションを短期間に構築できます。 

開発者:アプリケーションの開発、ビルド、テストを本プラットフォームで構築し、そのアプリケーションをRestcomm App Storeで販売することができます。アプリ開発に集中し、その他のことに煩わせません。

ビジネス:Restcomm App Storeのテレフォニーアプリを選んでご利用できます。重複投資を避けたり、カスタマイズも可能です。

Restcomm Home Pageへのリンク(TeleStax社:英文)



関連ページ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア