情報セキュリティ研修サービス
情報セキュリティ研修サービス
情報セキュリティ研修サービスのイメージ画像

「セキュリティの最先端技術を学べる機会がない・・・」という御社に朗報です!

社員のセキュリティ意識向上から組織内CSIRTのコア人材育成まで、幅広いセキュリティ研修をご提供します

サイバー攻撃の攻撃手法は、近年ますます高度化・巧妙化してきており、こうした攻撃者から貴重なデータを守るためには、セキュリティシステムの導入は大前提ですが、システムだけでは解決できない人的な対応が少なからず企業側で必要となります。
その一つとして、昨今話題の「標的型攻撃」によって発生する情報漏えいがあります。これは社内にいる社員のPCが狙われるという新しい攻撃手法です。この場合もシステムでの対応はもちろん必要ですが、どのようなメールが届く可能性があるのか、どのような事態になるのかなど、PCを利用する社員一人ひとりが最新の情報を教育や啓蒙を通して知識や意識を高めておくことが重要です。
また、万が一、インシデントが発生してしまった際には、部門間のマネジメントや被害の極小化に向けた初動対応を組織内CSIRTが実施する必要がありますが、これらは非常に高度かつ最先端な技術力が求められ、外部の支援を受ける場合でも、外部エンジニアと技術的なコミュニケーションが必要となるため、企業側の担当者に最先端のセキュリティ知識や技術の習得が必要不可欠となっています。
NTT-ATの情報セキュリティ研修サービスは、そのような一般社員向けのセキュリティ意識向上研修から、高度な技術研修まで、お客様のニーズにあわせた様々なカリキュラムをオーダーメイドでご提供いたします。
 

このようなご要望をお持ちの企業・自治体・教育機関にお勧めです!「組織内CSIRT担当者のコア人材を育成したい」「ISMS認証取得に必要な内部監査員を育成したい」「職員のセキュリティ意識の向上を図りたい」

※CSIRT(Computer Security Incident Response Team):サイバー攻撃や情報漏洩などの情報セキュリティインシデントに対処するための組織の名称。

概要 / 特徴

ポイント1 現場のセキュリティ専門家が講師を担当します

NTTグループで数多くのセキュリティ業務に携わってきた、経験豊富かつ高度な知識を持った専門技術者が実態に即した分かりやすい研修をご提供します。

ポイント2 コア人材育成向けにハンズオン研修もご提供します

インシデント発生時に初動対応を行なう組織内CSIRTの体制整備を企画・準備中のお客様に向けて、必要な専門知識に加え、技術的なハンズオントレーニングもご提供します。

ポイント3 お客様の様々なニーズに応じた
オーダーメイド研修をご提供します

画一的なカリキュラムではなく、一般社員向けのセキュリティ講義やISMS等の認証取得に向けた教育など、目的や職責、ITスキルに応じたさまざまなプログラムをオーダーメイドでご提供します。
 

資料請求・お問い合わせ

PAGETOP

サービス概要

研修提供形態

  • 集合研修
  • ハンズオン研修
  • 教材開発

研修場所は、お客様ご指定の場所にて実施いたします。
※設備環境については個別にご相談ください。

研修例1「CSIRT要員向け育成トレーニング」、研修例2「ISMS認証取得支援(研修)」

研修の実施までの流れ

研修の実施までの流れ
 

提出物

研修テキスト 1部
 

価格

参考価格 1講座 50万円(税抜)~
※実施内容、実施場所、日程、必要な演習環境等に応じて個別にお見積りいたします。
 

参考)講師陣の保有資格

  • CISSP
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • LPIC-3 Speciality LPI-303 Security
  • システム監査技術者
  • CCNP Security
  • システムアーキテクト
  • CCNP Routing and Switching
  • ITサービスマネージャ

など
 

資料請求・お問い合わせ

PAGETOP

資料ダウンロード

情報セキュリティ研修サービス パンフレット 1.3MB



 

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア