マルチメディア主観品質評価サービス
マルチメディア主観品質評価サービス

ITU標準の評価試験法/試験環境設備でのマルチメディア評価サービス

国際電気通信連合(ITU)で標準化された評価試験法や試験環境設備でのマルチメディア評価サービス。




概要 / 特徴

概要


  1. 各種テープメディアに録画された映像/音声品質評価試験 以下に録画された6種類のテープでの試験が可能です。
    (1)HDカム、(2)ディジタルベータカム、(3)アナログベータカム、(4)ベータカムSP、(5)ベータカムSX、(6)MPEG-IMX
  2. ハードディスクに記録された映像/音声品質評価試験 ハードディスクに記録された映像ファイル、具体的には拡張子が.wmv/.rm/.avi/.mpg (.mpeg)のものを再生しての品質評価試験が可能です。
  3. 映像/音声品質評価試験法 1. VQEG(映像品質に関する国際標準化の委員会)に準拠した映像品質試験法
    2. ITU-T(電気通信国際標準化の委員会)に準拠した音声品質試験法

システム構成

マルチメディア主観品質評価システム構成

PAGETOP


 

資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア