特長

概要

『MeetingPerfe(ミーティングパフェ)』は、高品質な電子資料をパソコン上で共有できる会議支援システムです。

ペーパーレスで、「コスト削減」「手間の軽減」「セキュリティに配慮」

サーバに資料を登録し利用する「ペーパーレスタイプ」ですから、用紙代・資料印刷などの「コスト削減」や、配布の「手間の軽減」はもとより、資料の無断閲覧や書類紛失による情報漏洩を防ぎ「セキュリティ」にも配慮しています。

大きなボタン操作など、「わかりやすく快適な操作性」を実現。

発表者⇔参加者間での高速・鮮明な「画面連動(共有モード)」や、参加者の「資料自由閲覧(独立モード)」、会議終了後の「安全な資料閲覧・利用」など、効率的で安心の会議運営を実現する様々な機能を備えています。

幅広い利用用途を想定し「拡張性にも配慮」しています。

例えば、役員会議用に導入後、範囲を拡大し「複数部門で利用」したり、テレビ会議システムなどと連携し「遠隔地との会議を実施」するなど、一箇所での開催から、複数拠点間を結んだ会議まで幅広く活用頂けます。

導入効果・実績

大幅な経費削減とCO2削減効果

従来の会議のように、資料の大量印刷や配布をしないため、用紙代、印刷・コピー代、書類保管スペース代、交通費などの「コスト削減」、資料の製本や 配布、ファイリング・管理や廃棄など事務局スタッフの「手間の軽減」をはじめ、会議運営に関わる様々な負担を一挙に減らせます。
またペーパーレス化により、使用する紙の量を減らせることで、CO2排出量を大幅に削減できます。

印刷・コピー代の削減効果

CO2の削減効果※1

[算出条件]
(1)会議開催回数:48回/年(月4回)
(2)参加人数:40名/回
(3)資料数:200枚/人・回(=1回8,000枚)
※1:情報通信サービス環境影響評価システム「環境しろう」を用いて評価。

豊富な導入実績と利用用途

「ミーティングパフェシリーズ」は、既に10年以上、約190システム、クライアント数:6,500台以上の販売実績があります。
金融、保険、証券、教育、情報通信、製造、建設業、電気、不動産、運輸、官公庁など、非常に幅広い業種に導入頂き、その約76%は役員・幹部会議でご利用頂いています。

システムの特長

わかりやすい操作性

アイコンが付いた大型のボタンを採用。利用者のパソコンスキルの有無を選ばない「わかりやすい操作性」を実現しています。

紙資料と同等の使い勝手を実現

様々な利用者層が色々な用途で使用する"会議システム"の性格上、ミーティングパフェ開発にあたっては「使い勝手」を最も重視しています。
例えば、「発表者の画面を見ながら、時には自分が見たいページを自由に閲覧する」「資料に説明書きを記入し参加者全員と共有したり、又は自分の資料だけに覚え書きを書き込んだりする」など、パソコン上でも紙資料と同等かそれ以上の使い勝手を実現しました。

様々なアプリケーションに対応可能

ミーティングパフェは、Word/Excel/PowerPoint 、DocuWorks 、PDF形式ファイルをご利用いただけます。
また、PowerPointのアニメーション機能や、貼り付けたムービーの再生も可能です。

※いずれのファイル形式も1議題1ファイル(最大50MB)までです。

※ムービーの再生を行う場合は、ムービーファイルへのリンクが維持できるようにPowerPointファイルを作成してMeetingPerfeサーバに登録することが必要です。


優れた拡張性

ミーティングパフェは拡張性に優れており、例えば「テレビ会議システム」「音声会議システム」などの遠隔会議システムや「シンクライアントシステム」などと組み合せることで、遠隔地との会議や、出張・在宅勤務者との打合せなど、多様な利用が可能です。
またクライアント端末として、デスクトップやノートパソコン以外にもOS及びWebブラウザの条件を満たしたタブレット型端末などでも利用が可能です。
さらに、最初に役員会議用に導入後、利用範囲を拡大し営業や開発など複数部門で利用するなど、増設も容易です。

※各種システムとの連携・拡張性や、パソコン以外の利用端末など詳細については、弊社担当にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る