ダブルダイヤル EX
ダブルダイヤル EX

FAX誤送信による個人情報などの機密情報漏洩を防止

G3FAX用&G4FAX用

※本製品はG3FAX専用です。G4FAX用は販売終了しました。

概要 / 特徴

概要

FAX送信時に、誤ダイヤルや短縮ボタンの操作ミスによる誤送信を防ぎ、FAX誤送信による個人情報などの機密情報漏洩を防止するための装置です。

特徴

ダイヤルを2回することで、誤ダイヤルによるFAXの誤送信を防止

送信元のFAXから送出される番号と、ダブルダイヤルアダプタ専用操作部へ入力した番号を照合し、それらが一致した時にだけ相手のFAXへデータを送信します。

ダイヤルを2回することで、誤ダイヤルによるFAXの誤送信を防止

番号登録による発信規制機能や、短縮ダイヤルでの照合機能も搭載

  • 番号登録による発信規制機能
    事前に登録しておいたFAX番号以外には発信をかけない、番号登録による発信規制機能です。
    誤送信防止アダプタへの事前登録は、パソコンと専用ソフト(標準添付)を使って書き込みます。
  • 遠隔操作での番号登録が可能
    別売りのオンラインアクセス用モデムをご利用頂く事で、遠隔操作での登録も可能です。
  • 短縮ダイヤルによる照合機能
    上記のFAX番号事前登録時に、短縮ダイヤル情報(ボタン番号001等)も一緒に登録しておくことにより、ダブルダイヤル時にFAX番号全桁を入力しなくても短縮ダイヤルのボタン番号を入力することで照合が可能になります。
資料請求・お問い合わせ

仕様 / 詳細

構成図

基本機能

  • 短縮番号は3桁 1000件 (000縲鰀999)
    短縮番号で登録された番号も発信許可として登録されます。
  • 発信許可番号登録 1000件(許可番号以外は発信規制)
    発信許可番号は短縮番号と連動です。
  • カットスルー機能を搭載(4桁固定 初期値「0000」)
    任意の4桁の数字を番号の先頭に付与して送信することで、その通信に限りすべてのセキュリティをスルーさせることができます。
  • PBXなどの「0」発信対応
    発信許可番号登録時はポーズを除く連続した番号で全桁入力。
  • 回線種別自動設定(PB、DP20PPS、DP10PPS)
  • 番号データおよびパラメータ登録
    ローカル(RS-232C)もしくは、リモートオンライン。(電話回線)
    書き込み用ユーティリティーソフトウェア添付。(RS-232Cケーブル添付)
    ※リモートオンラインモデムは別売りです。

PAGETOP

動作

標準設定

セキュリティ中 : 送信毎に必ずダブルダイヤルとFAXへ打鍵し、双方に入力した番号が一致すれば発信を許可します。
出荷時の初期設定はこのセキュリティモードになります。

応用設定

セキュリティ低 : ダブルダイヤルにFAX番号を予め登録し、それらの番号はダブルダイヤルへの入力を必要とせず、そのまま発信を許可します。登録していない番号はストップし、送信できません。
登録をしていない番号は、ダブルダイヤルとFAXへ番号を打鍵し、それぞれ入力した番号が一致した場合に発信を許可します。
セキュリティ高 : ダブルダイヤルに番号を打鍵した時に、予め登録済みの番号かチェックし、登録が無い場合は入力を受付けません。登録済みであっても、FAXに入力した番号と一致するか確認し、一致すれば発信許可、一致しなければ発信をストップします。

PAGETOP

注意事項

  • ご利用頂くFAXに、メモリ送信機能リトライ機能がある場合には、極力これらの機能を使用しないでご利用ください。
    (1通信毎の発信許可管理を行う仕様ですので、それらの機能を使うとうまく動作しない場合があります。)
  • FAXのトナー切れ、紙切れなどの各種メンテナンスに対して、FAXからメーカーの保守センター等へ自動発信している場合があります。
    その際、通常の番号登録とは別に、保守センター等の番号を例外的な除外番号として登録して頂く必要があります。自動発信する機能が無いか、事前にご確認ください。
    (除外番号として登録しないと、自動発信の度にエラーが発生してしまいます。)
    また、自動発信をするにあたり、外付けの監視用アダプタがセットされている場合もあります。
    極まれに、本装置とアダプタが干渉して正常に動作しない場合がありますので、事前に動作確認して頂くか、それらのアダプタは外してご利用ください。
  • 本製品の電源が入っていない場合、発信はすべてスルーされ、セキュリティ機能が一切動作しなくなります。
    FAX操作の前に、電源が入っているか念のためご確認ください。
    ※なにも付けていないのと同じになります。
※ 本ページに記載されております製品、サービス名等の固有名詞は各社の商標または登録商標です。

適用例 / 導入事例

導入実績

  • 金融機関
  • 通信サービス業界

個人情報等の機密情報の漏洩を防ぐために既存のFAX(G3)へ導入 他。

価格

G3FAX用 60,000円(税別)


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア