Discussシリーズ > オールインワン議場設備制御システム DiscussBox
オールインワン議場設備制御システム DiscussBox
オールインワン議場設備制御システム DiscussBoxのイメージ画像

議場設備の制御をタッチパネルに集約してシンプル化し、会議運営の省力化とコスト削減を強力にサポートします

DiscussBoxのロゴ
 

お見積りや製品デモなどのお問い合わせは、直接販売代理店へお問い合わせください。

お問い合わせ(販売代理店一覧)

概要 / 特徴

DiscussBoxは、カメラ・マイクなどの議場設備の制御をタッチパネルに集約してシンプル化し、会議運営の省力化とコスト削減を強力にサポートするシステムです。

特徴

ポイント1誰でも簡単・迅速にカメラ・マイクの一括操作と議会映像配信

カメラ・マイクの一括操作から議会映像配信まで、必要な機器制御がタッチパネル上にすべて集約。また、オペレーターの利き手に合わせた画面レイアウトも選択できます。

ポイント2パワフルなエンコーダーで安定したインターネット配信を実現

高性能エンコーダー内蔵で、インターネット配信に加えて庁内向け同時配信も可能。放送用SDIボード採用で、複数のカメラでも最高品質の映像が提供できます。

ポイント3機器をDiscussBoxに集約
導入コスト、ランニングコストを低減

エンコーダー, カメラコントローラーなどの機器を内蔵しているため、導入時のイニシャルコストだけではなく、ランニングコスト低減により、導入後の継続的なコストダウンが可能!

導入効果

カメラ、マイク、テロップといった機器を一括制御できるので、業務を大幅に効率化でき、引継ぎも簡単です。
DiscussBoxの導入効果

サービスイメージ

8種類の機器が内蔵されており、機器の制御から配信まで一括でお任せいただけます。
DiscussBoxサービスイメージ

機器名 説明
エンコーダー インターネット、庁内、支所に映像を配信する時に使用する機器
ビデオスイッチャー 複数のカメラの切り替えやPinPなどの映像の合成を行う機器
テロッパー 映像内に文字や図形などを映し出すための機器
カメラコントローラー カメラを制御する機器。DiscussBoxでは最大7台のカメラの制御が可能です。
マイクコントローラー マイクを制御する機器
レコーダーコントローラー 映像の録画や音声の録音をするレコーダーを制御する機器
音声・映像遅延装置 映像と音声のズレを修正し同期させる機器
残時間表示 発言の残り時間をディスプレイに表示する機器

議場設備制御の簡単操作を実現する3つの操作モード

操作画面に3つの操作モードを用意しています。各モードにより、議会の状況に合わせた最適な操作が簡単に行えます。
■ワンタッチ制御モード
メインUI
座席をタッチするだけで、カメラ・マイク・テロップが一括で制御できます。
■テロップ選択モード
テロップモードUI
演壇や質問席などカメラを動かさないでテロップのみ変更したいときに便利なモードです。
■マイク選択モード
マイク操作モードUI


複数のマイクのON/OFFやボリューム制御などが行えます。また、マイクをONのままロックすることもできます。

目的に合わせた3つのエディション


  C3 C7 C7 Pro
  カメラが3台までのお客様向け カメラが4台以上のお客様向け 電子採決・庁内配信付き
プロフェッショナルモデル
カメラ台数(最大) 3台 7台 7台
カメラコントローラー
カメラスイッチャー
挿入映像
画面分割
テロップ挿入
ウォーターマーク挿入
マイクコントローラー
録音・録画機器制御
残時間表示
SDI出力
インターネット配信エンコード
庁内配信エンコード - -
電子採決 - -

資料ダウンロード

DiscussBox(ディスカスボックス)パンフレット 1.56MB

Discussシリーズのお問い合わせ

Discussシリーズは、販売代理店を通じて、ご提供しております。
お見積りや製品デモなどのお問い合わせは、直接販売代理店へお問い合わせください。

販売代理店一覧へ

Discussシリーズラインナップ

他自治体の動向がまとめて調査できるクラウド型議事録検索システム

スマートデバイスを含む様々な端末で視聴できるクラウド型議会中継システム

議会の電子ファイルを管理・公開・活用できるクラウド型ファイリングシステム

議会の情報公開、および、議会と住民の双方向コミュニケーションを促進する議会専用CMS

Twitterでシェア Facebookでシェア