メディア処理プラットフォーム > 『SURFWare』 マルチメディアアプリケーション開発用ミドルウェア
『SURFWare』
マルチメディアアプリケーション開発用ミドルウェア

SURFWareはSURF社の高性能なメディア処理ボードを利用するための共通ミドルウェアです。

概要

SURFWareはSURFExpress/PCIe、 SURF1286、 SURFRider-AMC、SURFRider-812などの SURF社ボードを利用するための共通ミドルウェアです。
SURFWareはボードに搭載されているファームウェア部とホストPC上で動作するホスト部から成ります。
アプリケーション開発者はホスト側のAPIを利用してボード(DSP)に処理を実行させます。
幅広い用途に利用できるよう設計されておりAPIの組み合わせにより様々なシステムの開発にご利用頂けます。

特徴

  • 音声、映像、FAX用APIがプレデファイン
  • 音声・映像の再生・録画/録音が可能
  • IP(RTP)/3G-324M/TDM用API
  • ボードの診断用API
  • ANSI C準拠
  • マルチスレッド対応、スレッドセーフ
  • Windows、Linux用パッケージを提供

主な仕様

利用可能ボード

SURFExpress/PCIe、SURF1286、SURFRider/AMC、SURFAce-812

対応コーデック

ビデオ:MPEG-4、H.263、H.264、WMV9(デコードのみ)、MPEG-2(デコードのみ)   
音声:G711a/μ、G.723.1、G729AB、G.726、G711.1、iLB、PCM、WMA-9(デコードのみ)
オーディオ:AAC-LC、MP3(デコードのみ)
ワイヤレス:G.722.2(WB-AMR)、NB-AMR、GSM FR、GSM EFR、EVRC

トランスポート

RTP/RTCP、 MPEG-2 Transport Stream、3G-324M、SRTP

再生・録音/録画機能

ファイルフォーマット:WAV、3GP、MP4、ASF(WMV9)、AVI、FLV、AMR
受信および送信データの録音・録画、複数ファイル指定可能

主な機能

音声、ビデオ、音声会議、ビデオ会議、FAX(T30/T38)、ボード診断(温度、DSP使用率、電力など)、IP/TDM

開発言語

C、C++

対応OS

Windows、Linux

 

PAGETOP

 

資料請求・お問い合わせ

 

Twitterでシェア Facebookでシェア