メディア処理プラットフォーム > 『SURFExpress/PCIe』 IPメディア処理ボード(音声・映像・FAX)
『SURFExpress/PCIe』
IPメディア処理ボード(音声・映像・FAX)

クラウド時代に相応しいリアルタイム処理に優れ規模に応じ
拡張可能なPCI Expressタイプのマルチメディア処理ボードです。

概要

SURFExpressは、長年に渡り高性能マルチメディア処理ソリューション用ボード&ミドルウェアを
開発・提供しているSurf Communication Solutions(SURF社)が 提供するリアルタイム通信用の
ビデオ/音声コーデック、FAX及びモデムをサポートしています。
高性能でクラウド時代に相応しいIPベースのマルチメディア処理ボードです。

特徴

SURFExpressはシングルレーン、フルレングス・フルハイトのRoHS対応PCI Expressボードです。
マルチメディア処理に適した高性能なDSPを搭載しているほか、2つのギガビットイーサネットポートと、
TDMインタフェース接続用のH.100バスを搭載しています。

ユニークで柔軟なデザイン

SURFExpressは非常に革新的なSURFDockerモジュール構造になっています。
1枚のSURFDockerには2個のDSPが実装されており、 最大4枚までのSURFDockerをSURFExpressに搭載することが可能です。
お客様のアプリケーションや規模に応じて、DSPの性能と搭載数の選択が可能で、 非常に柔軟で拡張性に優れたマルチメディアアプリケーションを構築できます。
大規模かつ高信頼性を要求されるシステムに最適です。

適応アプリケーション

音声・ビデオ会議制御装置(MCU)、VoIP/FoIP/MoIP GW、リアルタイムビデオ・音声処理メディアサーバ(IVR、IVVR、アナウンスメントサーバ等)、ビデオトランスコーダ、ストリーミングサーバ等

開発用ソフトウェア

メディア処理用パラメータをきめ細かく制御することが可能なC/C++言語用開発ライブラリSURFWare、
もしくは、短期間に開発が可能なテキストベースのAPI SURFMotionのいずれかを使って開発が可能です。

主な仕様

ハードウェア

インタフェース:PCI Expressシングルレーン、1000Base-T イーサネットインタフェース(RJ-45)×2、H.100バス
サイズ:PCI Expressフルサイズ (FANエクステンダー搭載時※1
ボードに搭載可能なSURFDocker:SURFDocker-282、SURFDocker-286
搭載DSPタイプ:TMS320TCI6482(SURFDocker-282に搭載)、TMS320TCI6486(SURFDocker-286に搭載)※2
搭載可能DSP数:2、4、6、8

※1 オプションで取り外し可能なFANが搭載できます。
※2 TMS320TCI6486はクロックが500MHzまたは625MHzの2種類が選択可能です。

対応コーデック

ビデオ:MPEG-4、H.263、H.264、WMV9(デコードのみ)、MPEG-2(デコードのみ)    
音声:G711a/μ、G.723.1、G729AB、G.726、G711.1、iLB、PCM、WMA-9(デコードのみ)
オーディオ:AAC-LC、MP3(デコードのみ)
ワイヤレス:G.722.2(WB-AMR)、NB-AMR、GSM FR、GSM EFR、EVRC

ビデオ機能

リアルタイムトランスコーディング、録画、再生、対応解像度(最大でHDまで)、解像度の変更、対応フレームレート(1~30FPS)、CBR及びVBR(固定/可変ビットレート)、ジッタバッファ、パケットリアレンジ、パケットロス処理、テキストオーバーレイ、ロゴの挿入

音声機能

リアルタイムトランスコーディング、録音、再生、トーン&イベント生成・モニタリング、ジッタバッファ(最大700ms)、パケット送出間隔変更、エコーキャンセラレーション、音声アクティビティ検知(VAD)、コンフォートノイズ生成(CNG)、自動ゲイン/レベル調整(AGC/ALC)、パケットロス隠蔽(PLC)

会議機能

TDM、IP音声会議参加可能(音声)、話者検知(音声)、話者モード指定(音声)、会議結合(音声)、最大100までのアクティブな参加者(音声)
最大16までの参加者表示(ビデオ)、表示参加者の変更(ビデオ)、イメージオーバーレイ(ビデオ)、画面レイアウト変更(ビデオ)

トランスポート

RTP/RTCP、 MPEG-2 Transport Stream、3G-324M、SRTP

FAX機能

T.30、T.38、データパンプ:V.17、V.29、V27ter、V.21、IP⇔TDM転送、IP/TDM終端
T.38:FEC/冗長化、最大ジッタ1秒、ラウンドトリップ遅延最大6秒、T.32(ATコマンド)による制御

電源容量

最大59.5W(SURFDocker-286×4 搭載時)※3
※3 DSPのクロックが625MHzのタイプを使用した時となります。

運用環境

温度:0℃~40℃、湿度:20%~80%(結露しないこと)

 

データシート 840KB

 

PAGETOP

 

資料請求・お問い合わせ

 

Twitterでシェア Facebookでシェア