TIBCO® Live Datamart
TIBCO<sup>&reg;</sup> Live Datamartのイメージ画像

リアルタイムデータを集計して可視化。ライブのオペレーショナルインテリジェンスを実現

TIBCO® Live Datamartとは?

Live Datamartは、LiveView Serverを含むリアルタイムストリーミングデータ用のオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームです。 Live Datamartは、高速ストリーミングデータおよびイベントに対して連続的なクエリと計算を実行し、インメモリー・データ・ウェアハウスを作成、エンド・ユーザーにプッシュ・ベースの照会結果およびアラートを提供します。
従来のビジネスインテリジェンスは履歴情報を分析するのに対し、Live Datamartでは最新のリアルタイム情報を、分析を行う様々なアプリケーションに連携することができます。

Live Datamartプラットフォームは、TIBCO LiveViewServer、TIBCO LiveViewWebおよびTIBCO LiveViewDesktopクライアント、および150以上のデータソース、アラートチャネル、データベースへのビルトインアダプタで構成されています。
 

TIBCO Live Datamart 概念図
TIBCO Live Datamart 概念図
  1. 入力データは変換・結合・集計処理が行われ、テーブルに格納されます。ユーザー定義のテーブル以外にもアラートテーブル等のシステム固有テーブルがあります。
  2. データ入力により、各種テーブルがリアルタイムに更新されます。
  3. API経由のクエリーに対して動的に集計された結果が返ります。

TIBCO® Live Datamartの機能と特徴

次のような機能を提供しております。

ポイント1今何が起きているか?” リアルタイムデータを視覚化、変化を即時に把握

ミリ秒単位で継続的に更新がプッシュされ、視覚化されます。またアラートや通知によって脅威や機会を検出することで、リアルタイムに対応することが可能です。
デスクトップの通知、電子メール、SMS、チャット、およびベースとなるStreamBaseプラットフォームでサポートされているその他の接続を介したリアルタイムアラートや通知、及びアクションを設定できます。

ポイント2150以上の接続オプション

150以上のプリインストールされた接続オプションを使用することで、ライブデータを迅速かつ簡単に利用できます。

ポイント3柔軟なコントロール

TIBCO Live Datamartではライブインタラクティブなコントロールセンターにより、ユーザーはアドホッククエリの作成と保存、グラフの構成、パネルレイアウトの変更、アラートの作成と管理、ライブデータに対するビューの集約等を行うことができ、データを完全かつすばやく探検するための管理を支援します。
TIBCO LiveView Webの最新バージョンにはTIBCO®GeoAnalyticsマッピングが含まれているため、地理的データマーカーを地図上にリアルタイムで更新して表示することもできます。




 

TIBCO LiveView Web による地図データの表示

使用事例

  • ハイテク企業でのイールド・オプティマイゼーション(yield optimization)
  • 原材料調達から生産・販売に至るまでの物流追跡
  • ピーク営業時間帯の為の継続的な営業活動、センチメント分析
  • 石油・ガスの掘削などの予測分析
  • トレードのモニタと監査、FX流動性分析、リスク管理、損益管理
  • ITインフラストラクチャの監視

API

API

TIBCO StreamBase Studio
Java API
.NET API
Restful web services APIs

まずは、お問い合わせください!

NTT-ATは、TIBCO® 製品の代理店販売を行っております。
より詳しい情報の提供、導入について等、お気軽にご相談ください。

同商品シリーズ

Twitterでシェア Facebookでシェア