TIBCO リアルタイム分析プラットフォーム
TIBCO リアルタイム分析プラットフォーム
TIBCO リアルタイム分析プラットフォームのイメージ画像

リアルタイムストリーミングデータのメッセージング、イベント処理、分析及び表示を行う分析処理統合プラットフォーム

こんなことでお困りではありませんか?

  • 顧客の動向や売上げの推移をリアルタイムで分析してキャンペーンやセールを行いたい。
  • 製造ラインの機器や温度、或いは仕掛中の製品の状態などをリアルタイムで把握して、生産ラインの管理を行いたい。

TIBCOリアルタイム分析プラットフォームは、ライブのストリーミングデータを分析処理し、様々なアプリケーションへ統合するための製品群です。これらの製品を組み合わせることで、リアルタイムデータをビジネスに活用するアプリケーションの構築を容易にします。

TIBCOリアルタイム分析プラットフォームの特徴

次のような製品を提供しております。

TIBCO StreamBase®

StreamBaseは、高速ストリームデータを扱うイベント処理型プラットフォームです。
リアルタイムデータを入力し、分析(処理)したデータを可視化やアクション、分析等を行うための様々なアプリケーションに接続できます。

TIBCO Rendezvous®

リアルタイムのデータ配信を伴うアプリケーションに有効な、軽量かつ高信頼のバス型メッセージング製品です。

TIBCO Statistica

Statisticaは、包括的な分析、リサーチ、およびビジネスインテリジェンスツールです。
ビジネス、データマイニング、科学、およびエンジニアリングアプリケーションのための幅広い選択肢に対して、ベーシックから高度な分析手順を備えた統合データ管理、分析、マイニング、ビジュアライゼーション、およびカスタムアプリケーション開発システムです。

TIBCO® Live Datamart

Live Datamartは、LiveView Serverを含むリアルタイムストリーミングデータ用のオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームです。 Live Datamartは、高速ストリーミングデータおよびイベントに対して連続的なクエリと計算を実行し、インメモリー・データ・ウェアハウスを作成、エンド・ユーザーにプッシュ・ベースの照会結果およびアラートを提供します。

リアルタイム分析プラットフォーム 4製品による構成例

StreamBase、Rendezvous、Statistica、Live Datamartの4製品を使用した構成例を示します。

リアルタイム分析プラットフォーム構成例
①各種センサーにより取得されたリアルタイムデータがRendezvousに流される。
②条件にマッチしたデータがサブスクライブされる。
③データはStreamBaseでモデルの検証が行われ、以下の手順が実行される。
a)異常検知されるとアクションを実行し、外部プログラムを実行。
b)Live DataMartで可視化。
c)DBに一定量、蓄積。
④DBの学習データが一定量蓄積されると、StreamBaseからStatistaicaのワークスペースが起動される。
⑤Statistaicaは、DBのデータからモデルを生成し、StreamBase内のモデルを更新する。
⑥StreamBase内のモデルの更新後は新たなモデルによる検証が行われ、異常検知による外部プログラム実施、可視化、DBへの蓄積が行われる。

リアルタイムデータの分析や可視化、或いは外部プログラムの実行を行うことができます。
一方、Statisticaは過去データより新しいモデルを生成し、StreamBase上のモデルを更新します。 これによりユーザはリアルタイムにデータを確認できるだけでなく、既存のデータから学習して得た最新のモデルによる評価を行え、異常検知や機会の検知を行うことが可能になります。

導入事例

リアルタイム統合分析基盤の構築(某半導体メーカー様)

製品:Rendezvous、Streambase、Spotfire

目的:コアビジネスに注力し安定的な成長を実現するための、統合メッセージングインフラストラクチャ基盤の構築

  • 人間系のデータ分析の結果を製造システムへ素早く効果的に適用
  • さまざまなシステムに直接アクションを実行できるリアルタイムダッシュボード
  • サンプリングデータではなく、すべてのデータを対象とした分析精度の向上により、重要な要因をリアルタイムで簡単に見つける。

結果:

  • ダウンタイムを最小限に抑えてMES(Manufacturing Execution System)の可用性が向上
  • 情報部門およびMESの自動化のIT開発および運用コストを毎年15%節約
  • 信頼性、可用性、保守性の向上によりダウンタイムによるビジネスへの影響を大幅に軽減し、同様のエラーを繰り返さないよう行動計画を立案する時間を節約
  • 製造システムにリアルタイム分析を効果的に適用
  • 自動解析プロセスにより、アナリストは巨大なマシンデータから前処理されたデータが可能となり工数削減
  • プログラムベースのコーディングを削除でき、開発の生産性を最大25%向上。

まずは、お問い合わせください!

NTT-ATは、TIBCO® Data Virtualizationの代理店販売を行っております。
より詳しい
情報の提供、導入について等、お気軽にご相談ください。

同商品シリーズ

Twitterでシェア Facebookでシェア