Comme@(コムアット)利用方法と操作イメージ

Comme@をWebサイト、QRコード、メールで利用するシーンをご紹介いたします。
利用者とサービス提供者(応答者)の操作イメージもご紹介しております。

Comme@のトップページに戻る >

ご利用方法

サービス提供者の事前準備

ご契約頂くと下記形式のURL(1URL)とログイン/パスワード(5ID)をお渡しいたします

URL例: https://www.comme-at.jp/caller/1234567890123456(16桁のコールID)
※URLをクリックすることで、応答者5名のパソコンが同時鳴動します
ID/パスワード例: ID(1234567)/パスワード(j9HRlKMmtpb0MpN)
※ID/パスワードは応答者が使用します
※パスワードは「初期パスワード」をお渡しします。後から変更ができます

URLは、以下の方法などで活用して、ご利用ください。

方法①:Webサイトを活用する

上記URLを、貴社のWebサイトの問い合わせページ、商品ページなどのボタンに割付けます

Comme-at3_0510_botant.gif

以上で貴社Webサイトの組み込みは完了です
お客様はURLを割付けたボタンをクリックするだけで応答者を呼び出すことができます

方法②:QRコードを活用する

QRコードでComme@を活用するとこれまでの課題を解決することができます。

Comme-at3_0410_man2.gif 【課題】
  1. 予約登録時の文字入力が面倒
  2. 利用者は0120以外電話料金がかかる
Comme-at3_0410_man3s.gif 【解決】
  1. QRコードでダイレクトにショップに連絡
  2. 電話料金がフリー など

Comme-at3_0520_QR.gif

方法③:メールを活用する

メールでComme@を活用するとこれまでの課題を低コストで解決することができます。
一例として下記のようなシーンで利用ができます
  1. これまでお客様、会員様など、お会いして面談していた業務を Comme を活用してリモートで面談に
  2. 事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning)で緊急時の一斉メール送信時に音声で状況報告
  3. 特定の会員様へ音声で案内するサービス など

Comme-at3_0530_mail.gif

利用者とサービス提供者(応答者)の操作イメージ

操作は簡単!ワンクリックでコミュニケーション。
サービス提供者(応答者)
パソコンと女性2.gif

 
1.お渡ししたIDで Commeのログインページからログインします
  ⇒例:ID(1234567)/パスワード(j9HRlKMmtpb0MpN
2.着待ち画面の[着待ち状態にする]ボタンをクリックします
3.[着待ち状態]画面に変わります
利用者
Comme-at3_0410_man4.gif
4.[発信ページ]の[サービスセンターへ発信する]をクリックします
ワンクリック・コミュニケーション
サービス提供者(応答者)
Comme-at3_0810_ope.gif
5.呼出し音と画面右下に着信のお知らせがポップアップします
6.[着待ち状態]画面の[応答]ボタンをクリックします
コミュニーケーション開始!

Comme-at3_0610_ope1.gif

お申込み方法

下記メールアドレスに申込みメールをお送りください。

Comme-at3_0410_man1.gif comme-at-ml.jpg
【申込み要領】
  1. 上記メールアドレスに「申込み」の旨のメール送信してください。
  2. 弊社よりタイトル「仮申し込みありがとうございます」のメールをお送りいたします。
  3. お送りしたメールに本登録申込みページ(URL)が記載してありますのでアクセスして頂き、ご登録をお願いいたします。
  4. ご登録が完了次第「【Comme@】ご登録ありがとうございます」メールで「発信用URLと利用者ID/Password」をお送りいたします。
注意事項:上記2.でお送りする本登録申込みページは24時間以内に本登録をしていただく必要がございます

お問い合わせ

コミュニケーションでお悩みの際は、今すぐお問い合わせください!
お問い合わせ先

 
商品問い合わせセンタ
(受付時間 9:00~17:00
土、日/祝日/年末年始を除く平日)
TEL : 0120-057-601
Commeは、NTT-ATが提供するWebRTC対応Telestaxアプリケーションサーバ「RestCommONE」をベースにしています。

PAGETOP



Comme@のトップページに戻る >
Twitterでシェア Facebookでシェア