CA Service Virtualization

連携システムのサービス仮想化により、システムテスト工程の制約を取り除き、
テスト工程の生産性を大幅に向上、DevOpsを実現します。

概要

CA Service Virtualization

テスト対象システムに対して、依存関係にある外部連携サービスのシミュレーション(仮想サービス)機能を提供します。

CA Application Test

  • テスト対象システムに対して、各種呼び出しを実行します。
  • 各呼び出しはテストの個々のステップとして定義され、一連のステップからなるテストケースを構成します。
  • 1つのテストケースの中で、複数のテスト対象システムに対して、任意の手段で呼び出しを実行することができます。

CA Continuous Application Insight

アプリケーションの内部の振る舞いを捕捉することで、トラブルシューティングに役立てることができるのに加え、任意のコンポーネントのテストや仮想化にも利用されます。

 特長

仮想サービスの生成

  • 動的な生成 :連携先システムとのリクエスト/レスポンス通信内容をキャプチャし仮想サービスを自動生成。
  • 静的な生成:仕様書やWSDL、トラフィックログなどからの仮想サービス生成。

仮想サービスの実行

  • GUIからの簡単な操作で、仮想サービスをリモートのテスト実行環境に配備、起動、管理。

仮想サービスのメンテナンス

  • カスタマイズ  :1度作成した仮想サービスをベースに容易にデータを追加投入可能。様々なテストシナリオをカバレッジ。
  • セルフヒーリング:仮想サービス生成後のシステムやサービスの仕様変更による差異を自動検出し修正。

メリット

ポイント1 テスト工程における制約の回避

  • 利用不可制約  ・・・連携先システムに時間的な利用制約がある
  • 未完成制約  ・・・・連携先システムが未完成で結合テストに待ち時間が発生
  • コスト制約  ・・・・クラウドなど従量課金ベースの外部サービス

ポイント2 工期の短縮およびコスト削減

  • テスト工程の並行作業促進やテスト環境の作成時間の削減による工期の短縮
  • テスト工程の稼働削減(スタブやドライバの開発費用など)によるコスト削減

ポイント3 テストカバレッジ拡充による品質向上

  • テスト工程の制約回避によるテストカバレッジ拡充で品質向上

ソリューション

お客様の課題

  1. 連携システムの時間的な利用制約(24時間365日ノンストップシステムなど)を回避したい。
  2. 連携するシステムが未完成な場合などのテスト用のドライバやスタブの開発コストを削減したい。
  3. 連携するシステムが従量課金がある外部サービスなどで、テスト時に発生する接続コストを削減したい。

導入前



導入後


資料ダウンロード

CA Service Virtualization カタログ 1.1MB

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア