CA Release Automation

アプリケーション・リリースの自動化とオーケストレーション

手動でのソフトウェア開発サイクルにはさまざまな問題がつきものです。

 

「デプロイ作業を自動化したい!」

「CA Release Automation」により、
アプリケーションの開発から運用まで複数層で構成されるWebシステムやクラウド環境に対するアプリケーションのリリースとデプロイ作業の自動化が実現できます。

概要・特徴

ポイント1 広範囲なエコシステムと連携

ー50以上のシステム統合及び合計1200以上のアクションパックを提供ー
多くの開発、テスト、運用、サービス支援ツールと連携が可能です。コーディングやスクリプトなしに即利用ができます。
RDK (Rapid Development Kit) により、お客様独自アクションを作成できます。

ポイント2 アプリケーション開発のライフサイクル全般をサポート

ー柔軟かつ拡張性の高いアーキテクチャー
商用環境のリリースだけでなく、構成の異なるテスト環境に対しても、同じ仕組みを適用することができます。

ポイント3 開発から本番まで次の環境へ自動的にプロモート

ーアジャイル開発している大規模なアプリケーションを管理ー
数千のサーバやクラウド・プラットフォームにわたり、数百の複雑な多階層の アプリケーションを容易に処理できます。

主な特長

  • デプロイ・プロセスをグラフィカルに定義
  • プロセス定義から物理環境を分離し、プロセスを汎用化。
  • 構成管理ツール(Chef/Puppet)との連携
  • バージョン管理、ビルド、テスト、サービスマネジメントなど他のツールとの連携によるエンドエンドのプロセスを実現
  • 大規模なデプロイを可能とするアーキテクチャ
  • デプロイプロセス全体を俯瞰できるダッシュボード

メリット

  • アプリケーション・リリースのデプロイをより迅速かつ頻繁に行うことができる。
  • アプリケーション・リリース・プロセスの簡易化と標準化によりリリースのエラーを低減し、品質と安定性を向上。
  • アプリケーション・デプロイのコストを削減。
  • デプロイ・ツールチェーン残帯にわたる可視性を向上。
  • 開発チームと運用チームのコラボレーションと連携を促進

PAGETOP
 

資料ダウンロード

CA Release Automation Data Sheet 0.8MB


 

同商品シリーズ


資料請求・お問い合わせ

Twitterでシェア Facebookでシェア