CA Service Virtualization
CA Service Virtualization

大規模アプリケーション開発でのテスト工程の制約を取り除き、テスト工程の生産性を大幅に向上、DevOpsを実現します。

2018/3/2 (金)CA Service Virtualization のデモを交えた活用事例セミナーを開催いたします。
先着30名様限定です。ぜひ、お早めにお申込みください。

 
お客様のお声から・・・
「CA Service Virtualization の採用で、大規模ソフトウェア開発のテスト工程を4~7割削減できました!」

テストフェーズが開発期間の大部分を占めていませんか?

2017年のDevOps実戦経験のあるソフトウェア開発者に対する調査* で、63%の開発者が、回答しました。


テストフェーズが最大のボトルネックです!と63%の開発者が回答しました。
 
テストフェーズがソフトウェア開発プロセスにおける最大のボトルネックです!

スピードと品質の実現は容易ではありません。
 
かつて、ソフトウェア開発はウォーターフォール開発が主流で、要件定義に半年、そこからテストを行い、運用まで2年以上かけて行うことが一般的でしたが、いまやユーザーは稼動までに1年以内、それ以上と日々、短期化を求めています。
そうした開発高速化が進む一方、品質を向上させ安定的に維持することもまた、ソフトウェア開発には欠くことのできない重要な要素です。
いまや、開発のスピードと品質担保は、ソフトウェア開発の二本柱ともいえますが、マルチベンダー、マルチサイトでの並行開発など開発が複雑化する中、スピードと品質を実現することは容易ではありません。

開発スピードにテストが追いつかず、テストが開発ライフサイクルを回すうえでのボトルネックとなっていませんか?

CA Service Virtualization は、テスト期間短縮の難しさを解決します!

ソフトウェア開発にCA Service Virtualizationを取り入れてみませんか?
CA Service Virtualizationは、開発当初から本番システムに近いふるまいやデータのシミュレーションを行い、サービス仮想化、テスト自動化により、早い工程からシステムの品質向上に多大な効果を発揮します。
Service Virtualizationで、テスト期間短縮の難しさを解決!
サービス仮想化
連携先システムやホスト等のバックエンドのふるまい(要求/応答)をライブトラフィックからキャプチャし、スタブ(仮想サービス)を自動生成し、あたかも実機対向のようなテスト環境を仮想再現します。
APIテスト自動化
テストシナリオを自動生成し、よりコンポーネント指向なテスト自動化を、簡単迅速に実現します。

CA Service Virtualization はテストの自動化・効率化をトータルサポート


テストの自動化・効率化をトータルサポートする CA SV Virtualization

CA Service Virtualization 利用で並行開発でも品質担保のテストプロセスを実現


私たちがお客様のソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)を支援します!

NTT-ATがお客様のSLDCを支援します。
 
まずはご相談ください。

高度な知識をもった、経験豊かなCA公認のNTT-AT技術者がNTT-ATオリジナルのサポートサービスを実施しています。
POC支援、導入時のインストール、初期設定、構築支援を行うスターターパック、お客様のニーズにオーダーメイド対応可能なCAハンズオントレーニングなど幅広いサポートを提供します。

相談してみる

資料ダウンロード

CA Service Virtualization カタログ 0.8MB

限定30名、活用事例セミナーを開催します。

大規模ソフトウェア開発のテスト工程を4~7割削減したいとお考えの方!
開発スピード改善したい方にお勧めです。
限定30名となっていますので、お早めにお申し込みください。

セミナーに申し込む



*出典:http://www.computing.co.uk/digital_assets/634fe325-aa28-41d5-8676-855b06567fe2/CTG-DevOps-Review-2017.pdf 

Twitterでシェア Facebookでシェア