ネットワーク可視化/帯域制御装置 Allot > Allot Service Protector/DDoS & Spambotsの検知と緩和
Allot Service Protector/DDoS & Spambotsの
検知と緩和

Allot Communications

概要

Allot Communications社のService Protectorは、下記を含む既知および未知の脅威に対するサービスの継続性とブロードバンドネットワークの保護を行います。

  • 重要なネットワークインフラに対するDoS/DDoS攻撃
  • 顧客のWebサービスに対するDoS/DDoS攻撃
  • ゼロデイアタック
  • ネットワークまたはネットワークサービスのパフォーマンスに影響を与える異常なトラフィック
  • スパム、ワーム、ボトネット攻撃のような異常なふるまい
  • プロービングやDoS攻撃のような悪意のある加入者の攻撃

 

トラフィックの異常を即座に確認することで、Service Protectorは正常なトラフィックを許可しながら、問題を引き起こすトラフィックをブロック、制限、隔離することで、高速で正確なサービス提供を可能にします。

Allot communications SP


Service Protectorは、ブロードバンドサービスが中断される前に、セキュリティ上の脅威を識別し無効化するために、ネットワークとホストの異常検出技術(NBAD、HBAD)を使用しています。このDDoS防御サービスは、Allot Service Gateway Sigmaと次世代のNetEnforcerデバイスに統合されています。そして、脅威緩和のリアルタイム適用を提供します。

特徴

  • DDoS攻撃防御
  • パフォーマンスを保護し、ネットワークの品位を高めます。
  • 収益性の高いネットワークサービスやインフラを守ります。
  • ブランドイメージを守ります。
  • 発信スパムによって引き起こされるブラックリスト化を避けます。
  • コールセンターの苦情を避けます。
  • ボットの感染を取り除くことで加入者を保護します。
  • DoS/DDoSからサービスを保護することで、新たな収益を創出します。

 

PAGETOP

 

資料請求・お問い合わせ

 

Twitterでシェア Facebookでシェア